権利の章典

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://www.y-history.net/appendix/wh1001-077.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/権利の章典

https://en.wikipedia.org/wiki/Bill_of_Rights_1689

1689年、イギリス名誉革命において制定された、王権の制限、議会の権限を定めた重要文書。マグナ=カルタなどと並んでイギリスの基本法典の一つとなる。


名誉革命

1688年、イングランド議会がジェームズ2世を追放し、オランダからウィレムメアリを迎え、二人は「権利の宣言」を受けいれてイングランド国王となった。


権利宣言

https://www.y-history.net/appendix/wh1001-074.html

1689年、イギリス議会が王権の制限、国民の諸権利などについて決議した。当時の哲学者ジョン・ロックの思想が深く関わっている。

名誉革命で即位したウィリアム3世・メアリ2世が受諾して、権利の章典として公布した。

章典は有効性を保ち続けており、イギリスの不文憲法における根本法となっている。


内容

イングランド国王の存在を絶対前提とし、国王といえども否定できない国民の権利の内容を確認した。

  • 議会の同意を経ない法律の適用免除・執行停止の禁止。
  • 議会の同意なき課税、平時の常備軍の禁止。
  • 議会選挙の自由、議会内の発言の自由、国民の請願権の保障。
  • 議会を召集すること。
  • 国民の請願権、議会における議員の免責特権、人身の自由に関する諸規定。
  • 王位継承者からカトリック教徒を排除すること。
カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です