国内取引の基本的な考え方

Blog

国内取引の基本的な考え方

どの国でも、もっとも大規模でもっとも重要な取引は、農村の住民と都市との住民との間のものである。

ある量の土地生産物か、その対価で購入できる製品の量が少ないほど、その量の土地生産物の交換価値は低くなり、

土地所有者に、土地を改良して土地生産物の生産を増やすよう促す刺激が小さくなり、

農業経営者に、土地を耕作して土地生産物の生産を増やすよう促す刺激が小さくなる。

国富論第四編第九章

製造業の生産性を向上し、製品価格を安くすることは、国内の農業の発達につながる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です