アラゴン連合王国

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/アラゴン連合王国

https://es.wikipedia.org/wiki/Reino_de_Aragón

https://es.wikipedia.org/wiki/Corona_de_Aragón

1190年のアラゴン連合王国
アラゴン王国
アラゴン連合王国の領土

1164年から1707年までアラゴン王の管轄下にあった。


アラゴン王国

アラゴン王国(現在のアラゴン州)自体とバルセロナ伯爵の所有物で構成され、後にマヨルカ王国バレンシア王国、地中海のいくつかの領土が征服によって追加されました。それは歴史歴には一つの王国とは見なされませんが、カタルーニャバルセロナ家の君主の下に同君連合で構成されたアラゴン王国領土の1つである。

アラゴン連合王国は地中海へ発展し、レコンキスタキリスト教国家によるイベリア半島のイスラム支配征服活動)を加速化させ、1229年にはハイメ1世がイスラム教徒が支配するバレアレス諸島を占領し、1238年にはバルセロナの南にあるイスラムのバレンシア王国を征服した。

1282年シチリア島民がフランス・アンジュー家の圧政に反して蜂起したシチリアの晩鐘事件が起こると、アラゴン王ペドロ3世シチリア王として迎えられた。

 1435年、アラゴン王国のアルフォンソ5世は、100年近く続くアンジュー家ナポリ王国女王ジョヴァンナ2世の時代に後継問題がこじれて内紛が起こると、ナポリ王国を征服し、1443年には「両シチリア王」を称してイタリアの政治に深くかかわることになる。

アルフォンソ5世没後、ナポリの王位はアルフォンソの私生児フェルディナンド1世に与えられたが、ローマ教皇は私生児によるナポリ王位継承を無効とした。これに乗じてヴァロワ朝フランスシャルル8世1494年ナポリに侵攻し、ナポリ王位に就くが、フランス軍はアラゴン王フェルナンド2世の軍勢によって追放され、ナポリはアラゴン王家の領土となる(イタリア戦争)


スペイン王国の成立(1479年)

アラゴン王国とカスティーリャ王国との連合よってスペイン王国が成立する。
1469年、アラゴン王太子フェルナンド(後のフェルナンド2世)がカスティーリャ王女イサベル(後のイサベル1世)と結婚し、1479年にはアラゴン王国とカスティーリャ=レオン王国の同君連合が形成された。いわゆる「スペイン王国」の成立である

カスティーリャ王国

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です