穀物の輸出奨励金

1688年に、議会は穀物の輸出奨励金制度を作った。当時の議会では、農村の大地主が現在よりも高い比率を占めていて、穀物の金銭価格が低下していると感じていた。

輸出奨励金は、チャールズ1世の時代(1625~49年)、チャールズ2世の時代(1660~85年)に何度かつけた高価格まで、穀物価格を人為的に引き上げることを狙った政策であった。

この価格は、グレゴリー・キングが平年作の年の生産者価格とした水準より20シリング、70パーセント以上も高い。輸出奨励金がない限り、当時、よほどの不作の年にしか予想できなかった水準である。

しかし、名誉革命で成立したウィリアム三世の政権は当時、しっかりと確立しているとはいえなかった。それに、土地税を毎年徴収する制度を設けようとしていたので、農村の地主からの要求を退けられる状況にはなかった。

国富論第一編

ホイッグ党(保守党)

https://en.wikipedia.org/wiki/Whigs_(British_political_party)

1688年の名誉革命中心的な役割を果たした政党。

絶対君主制カトリック解放に反対する政治的派閥として始まり、議会制度立憲君主制を支持した。

トーリー党の反乱軍による1715年のジャコバイト蜂起の失敗によって、ホイッグ党は政府を完全に支配し、ジョージ3世が1760年に王位に就き、トーリー党が戻ってくるまで、イギリスはホイッグ党の下で単一の政党国家のままでした。

1784年に、ホイッグ党とトーリー党の両方が正式な政党になるが、両党の基盤は、一般投票よりも裕福な中世の家系の支持に依存していた。下院の選挙はあったが、代表制度の改革は共和主義と反逆と同一視され、議会は、土地所有者、都市商人、小さな町の有権者の同盟という一部の階級の男性によって有権者のほとんどが支配されていた

当初、ホイッグ党は一般的に貴族の家族、カトリック教徒の継続的な権利剥奪、非国教徒のプロテスタント(長老派などの反対派)の寛容を支持する傾向がありました。トーリー党(労働党)は一般的に小規模なジェントリーと(相対的に言えば)小規模農家である人々から支持された。

ホイッグ党は経済政策において保護主義的であり、自由貿易政策はトーリー党によって提唱されていた。ホイッグ党は、フランスとの貿易は貿易赤字となり、イギリスを犠牲にしてフランスを豊かにするものであると主張して、資本家、大地主の利益を重視した重商主義に基づく輸出奨励政策を主張した。

1850年代まで、トーリー党と権力を争ったホイッグ党は、1850年代にピーライト急進派と自由党に合併した。多くのホイッグ党は1886年に自由党を去り、自由統一党を結成し、1912年に保守党に合併した。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です