テューダー朝

Blog

テューダー朝

https://ja.wikipedia.org/wiki/テューダー朝

https://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Tudor

チューダー家は、1485年〜1603年までイングランド王国の支配者としてプランタジネット家を継承し、スチュアート家に引き継がれた。

5人の君主:ヘンリー7世ヘンリー8世エドワード6世メアリー1世エリザベス1世が継承した。

バラ戦争(1455年-1487年)をきっかけにチューダー家は権力を握り、チューダー時代を始めプランタジネット朝ランカスター家ヘンリー4世(1399-1413)、ヘンリー5世(1413-1422)、ヘンリー6世 1422-1461および1470-1471)の主要家の男系を絶滅させました。

ヘンリー七世

リッチモンド伯ヘンリー・テューダーは母方の血統により最後のランカスター家の王位継承権者となった。1485年、ヘンリー・テューダーはボズワースの戦いリチャード3世を破ってヘンリー7世として即位し、[1]テューダー朝を開いた。

百年戦争薔薇戦争で疲弊した諸侯を抑圧して絶対王政を推進し、海外進出にも積極的で、その政策はヘンリー8世エドワード6世メアリー1世エリザベス1世に受け継がれ、テューダー朝の全盛期を築いた。

エリザベス1世の死によりヘンリー8世の血筋が絶えたため、ヘンリー7世の血を引くスコットランド王ジェームズ6世がジェームズ1世としてイングランド王に迎えられ、イングランドにおけるステュアート朝を開いた。

王家の出自もあって、この時代に国王の臣下として活躍した人物には、フランシス・ドレークウォルター・ローリーなどウェールズ系が多いと言われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です