イングランドにおけるキリスト教伝道は、ローマ帝国時代に遡るが、グレートブリテン島に異教のアングロ・サクソンが侵入すると、キリスト教布教は停滞した。その後、アングロ・サクソンの侵入を受けなかったアイルランドで広まったローマ教皇の管轄外のケルト系宣教師によって再びグレートブリテン島にキリスト教がもたらされることとなった。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です