エリザベス一世(チューダー朝#6)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/エリザベス1世_(イングランド女王)

https://en.wikipedia.org/wiki/Elizabeth_I

https://kikuzuming.com/wikipedia/Elizabeth I – Wikipedia.webarchive

1558年11月17日から1603年に亡くなるまで、イングランドアイルランドの女王チューダー家の最後の君主

王位継承

ヘンリー8世の王女として生まれたが、2年半後に母アン・ブーリンが処刑されたため、庶子とされた。

弟のエドワード6世ジェーン・グレイ(イングランド史上初の女王として即位したが、在位わずか9日間でメアリー1世により廃位)への王位継承に際して姉たちの王位継承権を無効としている。

プランタジネット朝初代ヘンリー二世は、フランス貴族アンジュー伯とヘンリー一世の娘マティルダの子供なので「女系」だったが、これまで「女性」が王となることはなかった。よって、ジェーン・グレイはイングランド初の「女王」である。

エドワードの遺言は脇に置かれ、メアリーは女王になり、ジェーンを退位させ、処刑した。

1558年に異母妹が亡くなると、エリザベスは王位を継承

彼女は一生結婚することなく、王位は最終的に彼女の最初のいとこ、スコットランドのジェームズ6世に引き継がれました。これはグレートブリテン王国の基礎を築きました。

内政

政府では、エリザベスは父親や異母兄弟よりも穏健だった。彼女のモットーの1つは「video et taceo」(「私は見て黙っている」)でした。

宗教では、彼女は比較的寛容で、体系的な迫害を避けた。

女王としての彼女の最初の行動の1つは、イギリスのプロテスタント教会の設立であり、彼女は最高知事になりました。このエリザベス朝の宗教的入植地は、イングランド国教会に進化することになっていた。

外交

エリザベスは外交に慎重で、フランススペインの大国の間で策略をしていました。彼女は、オランダ、フランス、アイルランドで多くの効果がなく、資源の乏しい軍事作戦を中途半端に支援した。

エリザベスの外交政策は主に防御的だった。

例外は、1562年10月から1563年6月までのルアーブルのイギリスの占領であり、エリザベスのユグノー同盟がカトリック教徒と合流して港を奪還したときに失敗に終わった。

メアリー女王のスペイン王との結婚によって、イングランドはフランスとスペインの戦争(第六次イタリア戦争)に巻き込まれ、1558年フランスに敗れて大陸に残っていた唯一の領土カレーを失なっていた(カレー包囲戦)。

エリザベスの意図はルアーブルカレーと交換することだった。

エリザベスは艦隊の活動を通じてのみ、積極的な政策を追求した。これはスペインとの戦争で報われ、その80%は海で戦われた。

大航海時代

フランシス・ドレイクの周回航海は、ドレイクの襲撃遠征とも呼ばれ、1577年12月15日から1580年9月26日の間に行われた重要な歴史的海洋イベントでした。遠征はエリザベス女王1世によって承認され、フランシス・ドレイク率いる5隻の船で構成されていました。「発見の航海」と呼ばれ、それは事実上野心的な秘密の襲撃航海であり、スペインとポルトガルの世界支配に対するイギリスの挑戦の始まりでした。海賊行為と自己強化の要素は、女王がほとんどコントロールできないエリザベス朝の船員を駆り立てた。

https://en.wikipedia.org/wiki/Francis_Drake%27s_circumnavigation

評価

彼女の治世の終わりに向かって、一連の経済的および軍事的問題が彼女の人気を弱めた。

エリザベスは、政府がボロボロで制限され、近隣諸国の君主が王位を危険にさらす内部問題に直面した時代に、カリスマ的なパフォーマー(「グロリアナ」)と頑固な生存者(「グッドクイーンベス」)として認められています。

彼女の異母兄弟の短い治世の後、彼女の44年間の王位は王国に歓迎すべき安定を提供し、国家のアイデンティティの感覚を築くのに役立ちました


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です