ブルーノートとロカビリーの原点『カール・パーキンス』

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/カール・パーキンス

(Carl Lee Perkins、1932年4月9日 – 1998年1月19日)

ポール・マッカートニーは「もしもカール・パーキンスがいなかったら、ビートルズは存在しなかった」と語った

また彼は後に初期の頃、ビル・モンローの弾き方、歌い方に影響を受けたと語った[11]。またジョン・リー・フッカーを手本にして練習する[要出典]。そして、今後パーキンスを担う、カントリーのビートでブルースを弾く、ロカビリーの原点を作り上げた。

弦が切れても買えないため、繋いで使った。他の音を出すためにスライドさせるとその結び目で指を切ってしまうことがあるため、わざと外してできたのがブルー・ノート・スケールである

1957年2月には『マッチボックス』(B面「Your True Love」)を発表した。

1957年2月には『マッチボックス』(B面「Your True Love」)を発表した[33][53]。『ボッピン・ザ・ブルース』は『キャッシュボックス』誌のポップ・シングル・チャートで第47位、『ビルボード』誌のカントリー・チャートで第9位、Billboard Hot 100で第70位となった。

「マッチボックス」はロカビリーのクラシックと考えられている。この曲のレコーディングの日、プレスリーはスタジオを訪れた。ジョニー・キャッシュ、パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、プレスリーは1時間以上ゴスペル、カントリー、リズム・アンド・ブルースの曲を歌い、収録した[8]。このカジュアルなセッションは翌日の地元紙により「ミリオン・ダラー・カルテット」と名付けられ、1990年にはCDとして発表された[4]

カテゴリー: COLLECTIONMUSICothersRock

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です