ハウンド・ドッグ・テイラー

投稿者: きくずみん 投稿日:

Hound Dog Taylor 1915年4月12日 – 1975年12月17日) は、アメリカ合衆国のブルース・ギタリスト、シンガー。エルモア・ジェームス直系の荒削りで豪快なスライド・ギターが特長。ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズを結成して活動し、晩年になってからアリゲーター・レコードからリリースしたアルバムにより注目を集める。
ハウスロッカーズはツイン・ギターとドラムスのトリオ形式で、ベーシストがいない変則的な編成。ここから繰り出されるサウンドは、セカンド・ギターのブリュワー・フィリップスがギタリストでありながらベーシスト的なプレイもするユニークなものであった。

1915年、ミシシッピ州ナッチェスに生まれる。ギターを弾き始めたのは20歳の頃であった[1]。小作人として農業に従事する傍らミシシッピ州のジュークジョイントでプレイをしていたが、1942年にシカゴに移住する。

シカゴではサウスサイド、ウェストサイドを中心にプレイするようになった。フレディ・キングのインスト・ナンバー”Hideaway”は、テイラーがこの頃シカゴのクラブで演奏していたものをキングが聴き、自分のレパートリーに取り入れたと言われている[2]

1960年には零細レーベル、ビー&ベイビーから、1962年にはファーマよりシングルをリリースしシカゴのシーンで人気を博すが、彼の存在が広く知られるには至らなかった[2]

1967年にはチェス・レコード傘下のチェッカーにもレコーディングを行っているが、当時はリリースされなかった[1]。この頃アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバルのバンド・メンバーとしてヨーロッパ・ツアーも経験しているがあくまでもサポート役であり、注目を浴びるには至っていない[1]

1970年、ミシガン州のアンアーバー・ブルース・フェスティバルに出演する。翌1971年、テイラーとハウスロッカーズはアリゲーター・レコードからアルバム・デビューを果たした。

アリゲーターは、レーベルの創設者のブルース・イグロアがテイラーのレコードをリリースするために立ち上げたレーベルであった。彼はそれまではデルマーク・レコードに勤務していたが、テイラーのレコードをデルマークでリリースすることを進言したものの断られたため、自己のレーベル設立に至った[3]

テイラーは、1973年にはセカンド・アルバムNatural Boogieをリリースし、1975年にはライブ盤Be Ware of the Dog!のリリースを準備していたものの、同年シカゴでガンのため死去。同作は彼の死去後にリリースとなった。

1982年、ハウスロッカーズの未発表曲集Genuine Houserocking Musicがリリースされ、グラミー賞にノミネートされる[1]

2004年になって、未発表ライブ音源集Release the Hound (邦題: この猟犬スライドに憑き)がリリースされ、再度注目を集めた。同作は、2004年のブルース・ミュージック・アウォードの歴史的アルバム賞を受賞している


テイラーは1915年にミシシッピ州ナチェズで生まれましたが、いくつかの情報源は1917年と言います。彼は初めてピアノを弾き、20歳の時にギターを弾き始めた。彼は1942年にシカゴに引っ越した。

テイラーはポリダクティリズムとして知られる状態にあり、その結果、彼は両手に6本の指を持っていました。いつものように、余分な数字は初歩的なナビンであり、移動できませんでした。ある夜、酔っている間に、彼はまっすぐなカミソリを使って右手の余分な数字を切り落とした。[3]

彼は1957年頃にフルタイムのミュージシャンになりましたが、シカゴ地域以外では知られておらず、黒人地区や野外のマクスウェルストリートマーケットで小さなクラブで演奏しました。[4]彼は彼の電化スライドギター演奏(エルモアジェームズのそれの後に大まかにスタイル)、[4]彼の安い日本のテイスコギター、そして彼の騒々しいブギービートで知られていました。1967年、テイラーはアメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバルでヨーロッパをツアーし、リトル・ウォルターとココ・テイラーと一緒に演奏しました。5]

「テイラーは精神的、文化的な奇跡です。ジョン・リー・フッカーだけが無意識のうちにエレガントではなく、フッカーは彼のブルースをロックンロールに変えるためにブリューワー・フィリップスのベースとテッド・ハーヴェイのドラムを持っていません。

— クリストガウのレコードガイド:70年代のロックアルバム(1981)[6]

ブルース・イグラウアー(当時デルマーク・レコードの出荷事務員)は、1970年にシカゴのサウスサイドのフローレンスラウンジで彼のバンド、ハウスロッカーズ(セカンドギターのブリューワー・フィリップスとドラムのテッド・ハーヴェイ)とテイラーを録音契約に署名するように雇用主を説得しようとしました。[7] 1971年、デルマークにテイラーと契約させることに成功しなかったイグラウアーは、2,500ドルの遺産を使用してアリゲーターレコードを結成し、テイラーのデビューアルバム、ハウンドドッグテイラーとハウスロッカーズを録音しました。7] アルバムはわずか2泊で録音された。それはアリゲーターの最初のリリースであり、最終的には主要なブルースレーベルになりました。[8] Iglauerはバンドの管理と予約を開始し、全国をツアーし、マディ・ウォーターズ、フレディ・キング、ビッグ・ママ・ソーントンと共演しました。[9] バンドは、テイラーが若いジョージ・ソログッドにインスピレーションを与えたボストン地域で特に人気になりました。アルバム「Live at Joe’s Place」は、1972年のボストンでのパフォーマンスを記録しています。

1973年後半に録音されたテイラーと彼のバンド、ナチュラル・ブギーによる2回目のリリースは、より大きな称賛を受け、より多くのツアーにつながった。1975年、彼らはフレディ・キングとソニー・テリーとブラウニー・マギーのデュオと一緒にオーストラリアとニュージーランドをツアーしました。テイラーのアリゲーターの3枚目のアルバム「Beware of the Dog」は1974年にライブ録音されたが、彼の死後までリリースされなかった。[8]アリゲーターはまた、死後、本物のハウスロッキングミュージックをリリースし、ハウンドをリリースしました。テイラーの死後、ブートレッグのライブ録音も流通した。

テイラーは1975年に肺癌で亡くなった。彼はイリノイ州アルシップのレストベール墓地に埋葬された

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です