大恐慌(1930アメリカ)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/世界恐慌

世界恐慌または大恐慌(せかいきょうこう/だいきょうこう、: The Great Depression)とは、1930年代アメリカを皮切りに世界的に起こった深刻な経済恐慌のことである。

世界恐慌の時期は国によって異なるが、ほとんどの国では1929年に始まり、1930年代後半まで続いた[2]。それは20世紀の中で最も長く、最も深く、最も広範な不況であった[3]。世界恐慌により日本国内で起きた不況のことを昭和恐慌という。世界恐慌は、世界経済がいかに激しく衰退するかの例として一般的に使われている[4]

大恐慌(1929-1939)は、世界中のほとんどの国に影響を与えた経済ショックでした。

米国の株価が大幅に下落した後、明らかになった経済不況の時代でした。[1]

経済伝染は9月頃に始まり、10月24日(ブラック木曜日)のウォール街の株式市場の暴落につながった。それは20世紀で最も長く、最も深く、最も広まった不況でした。[2]

1929年から1932年の間に、世界の国内総生産(GDP)は推定15%減少した。

比較すると、大不況の間、世界のGDPは2008年から2009年にかけて1%未満減少しました。[3] 一部の経済は1930年代半ばまでに回復し始めた。

しかし、多くの国では、大恐慌の悪影響は第二次世界大戦が始まるまで続いた。

4] 個人所得、価格、税収、利益の低下により、豊かな国と貧しい国の両方で壊滅的な影響が見られました。国際貿易は50%以上減少し、米国の失業率は23%に上昇し、一部の国では33%まで上昇した。

世界中の都市、特に重工業に依存している都市は大きな打撃を受けました。多くの国で建設は事実上中止された。

作物価格が約60%下落したため、農業コミュニティと農村部は苦しんだ。[6][7][8] 需要の急落と雇用の選択肢の少な点に直面して、一次産業に依存する地域が最も苦しんだ。[9]

経済史家は通常、大恐慌の触媒は、1929年10月24日から始まる米国株式市場価格の突然の壊滅的な崩壊であると考えています。

しかし、株式暴落は不況の原因ではなく、消費者製品の販売の減少(新しい生産技術による過剰生産、輸出の減少、所得格差など)によって引き起こされる段階的な価格下落による投資家の緊張の高まりの症状として、この結論に異議を唱える人もいます。

漸進的な不況の一環としてすでに進行していた生産技術、輸出の減少、所得格差など)

ダウ・ジョーンズ工業平均が2ヶ月で381から198に下落した1929年のウォール街暴落の後、楽観主義はしばらくの間続いた。

株式市場は1930年初頭に上昇し、ダウは1930年4月に294(不況前レベル)に戻り、何年も着実に下落し、1932年には41の安値になりました。11]

当初、政府と企業は1930年上半期に前年同期よりも多くを費やしました。一方、前年に株式市場で深刻な損失を被った消費者は、支出を10%削減しました。さらに、1930年代半ばから、深刻な干ばつが米国の農業の中心地を荒廃させた。12]

金利は1930年半ばまでに低水準に低下しましたが、予想されるデフレと人々が借りることへの継続的な抵抗は、消費者支出と投資が依然として低いことを意味しました。

13] 1930年5月までに、自動車販売は1928年のレベルを下回った。1930年に賃金は安定していたが、一般的に価格は下落し始めた。

その後、1931年にデフレスパイラルが始まりました。農家はより悪い見通しに直面しました。作物価格の下落とグレートプレーンズの干ばつは彼らの経済見通しを麻痺させました。ピーク時には、大恐慌では、連邦政府の援助にもかかわらず、グレートプレーンズの農場の10%近くが手を変えました。

米国経済の衰退は、最初は他のほとんどの国を引き下げた要因でした。

その後、各国の内部の弱点や強みは、状況を悪化させ、または改善しました。[引用が必要]

1930年の米国のような保護主義政策を通じて経済を支えるための個々の国による必死の試み。スムート・ホーリー関税法と他の国の報復関税は、世界貿易の崩壊を悪化させ、不況に貢献した。[15] 1933年までに、経済の衰退により、世界貿易は4年前と比較してそのレベルの3分の1に押し上げました

起源

大恐慌は米国で始まり、その後世界中に広がったため、大恐慌の起源は米国経済の文脈で検討されています。

第一次世界大戦の余波で、狂騒の20年代はアメリカと西ヨーロッパにかなりの富をもたらしました。

1929年は、アメリカ経済にかなりの経済的進歩を遂げました。1929年3月25日に小さな株式暴落が発生しましたが、暴落は安定しました。経済問題の兆候にもかかわらず、市場は9月まで改善し続けた。株価は9月に下落し始め、9月末には変動した。

1910月中旬に株式の大規模な売却が始まりました。最後に、10月24日のブラック木曜日、アメリカの株式市場はオープニングベルで11%暴落しました。市場を安定させるための行動は失敗し、10月28日のブラックマンデー、市場はさらに12%暴落しました。パニックは翌日のブラックチューズデーにピークに達し、市場はさらに11%下落した。20][21]

何千人もの投資家が台無しになり、数十億ドルが失われました。多くの株式はいかなる価格でも売却できませんでした。[21] 市場は水曜日に12%回復しましたが、損害は行われていました。市場は11月14日から1930年4月17日まで回復したが、市場は長期にわたる不況に陥った。

1930年4月17日から1932年7月8日まで、市場はその価値の89%を失った

墜落にもかかわらず、最悪の危機は1929年以降まで世界中に反響しなかった。

危機は1930年12月に再びパニックレベルに達し、米国銀行の銀行運営(個人運営、政府とは関係なし)で再びパニックレベルに達しました。すべての債権者に支払うことができず、銀行は失敗しました。[23][24]

1930年11月と12月に閉鎖された608のアメリカの銀行のうち、米国銀行は失われた合計5億5000万ドルの預金の3分の1を占め、その閉鎖に伴い、銀行の破綻はクリティカルマスに達しました。[25]

スムート・ホーリー法と国際貿易の崩壊

主な記事:スムート・ホーリー関税法

ウィリスC.ホーリー(左)とリード・スムートは、スムート・ホーリー関税法が下院を通過する直前の1929年4月に。

スムート・ホーリー関税法は、前年に提案された1930年6月17日に米国で可決されました。

大恐慌が根付き始めたとき、表向きはアメリカ経済を保護することを目的としていたが、それは非常に裏目に出て、大恐慌を引き起こしたかもしれない。経済学者と経済史家(ケインジアン、マネタリスト、オーストリアの経済学者を含む)の間のコンセンサスの見解は、スムート・ホーリー関税の通過が大恐慌を悪化させたということです[26]が、どのくらいかについては意見の相違があります。

一般的な見解では、スムート・ホーリー関税は不況の主な原因でした。[27][28]

1995年のアメリカの経済史家の調査では、3分の2がスムート・ホーリー関税法が少なくとも大恐慌を悪化させたことに同意した。[29] 米国によると上院のウェブサイトスムート・ホーリー関税法は、議会史上最も壊滅的な行為の1つです。[30]

多くの経済学者は、1930年以降の国際貿易の急激な減少は、特に外国貿易に大きく依存している国にとって、不況を悪化させるのに役立つと主張している。

ほとんどの歴史家や経済学者は、国際貿易を真剣に削減し、他の国で報復関税を引き起こすことによって不況を悪化させた法律を非難しています。

外国貿易は米国の全体的な経済活動のほんの一部であり、農業のようないくつかの企業に集中していましたが、他の多くの国ではるかに大きな要因でした。[31]

1921年から1925年までの課税対象輸入品の平均従価(価値ベース)関税率は25.9%でしたが、新しい関税の下では1931年から1935年の間に50%に跳ね上がりました。

ドルベースでは、アメリカの輸出は今後4年間で1929年の約52億ドルから1933年の17億ドルに減少しました。したがって、物理的な輸出量が減少しただけでなく、書かれているように価格も約1/3下落しました。最も打撃を受けたのは、小麦、綿、タバコ、木材などの農産物でした。[引用が必要]

世界中の政府は、「関税、輸入割当、為替管理を課す」など、外国製品への支出を減らすためにさまざまな措置を講じました。これらの制限は、大量の二国間貿易を持つ国々の間で多くの緊張を引き起こし、不況の間に大幅な輸出入削減を引き起こしました。

すべての政府が同じ保護主義の措置を実施したわけではない。一部の国は関税を大幅に引き上げ、外国為替取引に厳しい制限を課したが、他の国は「貿易と為替の制限をわずかに」引き下げた。

金本位制にとどまり、通貨を固定した国は、外国貿易を制限する可能性が高かった。

これらの国は「国際収支を強化し、金の損失を制限するための保護主義政策に注がれた」。彼らは、これらの制限と枯渇が経済の衰退を先延させることを望んでいました。[32]

金本位制を放棄した国は、通貨の下落を許し、国際収支が強化された。

また、中央銀行が金利を下げ、最後の手段の貸し手として行動できるように、金融政策を解放しました。彼らは大恐慌と戦うための最良の政策手段を持っており、保護主義を必要としませんでした。[32]

「国の景気後退の長さと深さ、そしてその回復のタイミングと活力は、それがどのくらいの期間金本位制にとどまったかに関連しています。比較的早く金本位制を放棄した国は、比較的穏やかな景気後退と早期回復を経験した。対照的に、金本位制に残っている国は長期の不況を経験しました。」[32]

金本位制と世界恐慌の拡大

金本位制は大恐慌の主要な伝達メカニズムでした。銀行の破綻や金融収縮に直面しなかった国でさえ、デフレ政策を実施した国の金利の上昇が金利の低い国で金の流出につながったため、デフレ政策に参加することを余儀なくされました。金本位制の価格種フローメカニズムの下では、金を失ったが、それにもかかわらず金本位制を維持したい国は、マネーサプライが減少し、国内価格水準が低下することを許さなければならなかった(デフレ)。[33][34]

また、保護主義的な政策、そして主にスムート・ホーリー関税法の成立が、大恐慌を悪化させ、さらには大恐慌を引き起こすのに役立ったというコンセンサスもあります。

ゴールドスタンダード

国際的な観点からの不況[35]

いくつかの経済研究は、景気後退が金本位制の硬直性によって世界中に広がったように、回復を可能にするために最も行った金の兌換性を一時停止(または金換算で通貨の切り下げ)であったことを示している。[36]

大恐慌の間、すべての主要通貨は金本位制を去った。英国が最初にそうしました。ポンドへの投機的な攻撃と金準備の枯渇に直面して、1931年9月、イングランド銀行はポンド紙幣と金の交換を中止し、ポンドは外国為替市場に浮かびました。

日本とスカンジナビア諸国は、1931年に金本位制を離れるためにイギリスに加わりました。

イタリアや米国などの他の国は、1932年または1933年まで金本位制にとどまりましたが、フランスが率い、ポーランド、ベルギー、スイスを含むいわゆる「金塊」のいくつかの国は1935年から1936年まで金本位にとどまりました。

後の分析によると、国が金本位制を去った早さは、その経済回復を確実に予測した。例えば、1931年に金本位制を去った英国とスカンジナビアは、はるかに長く金に残ったフランスとベルギーよりもはるかに早く回復しました。銀本位制の中国のような国は、不況をほぼ完全に回避した。その国の不況の深刻さの強力な予測因子として金本位制を残すことと、その回復期間との関連性は、発展途上国を含む数十カ国で一貫していることが示されています。これは、うつ病の経験と長さが世界中の地域や州によって異なる理由を部分的に説明しています。[

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です