パティ・スミス(Patti Smith)

Blog

Created with Sketch.

パティ・スミス(Patti Smith)

パティ・スミス(Patti Smith)は、アメリカのシンガーソングライター、詩人、作家であり、特に1970年代のパンクロック運動において重要な役割を果たしたことで知られています。以下は彼女の詳細なプロフィールです。

ニューヨーク・パンクシーンで台頭し、1970年代は「パティ・スミス・グループ」名義で活動、「クイーン・オブ・パンク(パンクの女王)」とも称された。早くから詩や文学の方面にも進出し、それらをテーマにした創作活動を展開している。

ニューヨーク・パンクは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドイギー・ポップザ・ストゥージズ)、ニューヨーク・ドールズなどがルーツとされる(諸説あり)。イギリスのセックス・ピストルズなどにも多くの影響を与え、世界的なパンク・ロック・ムーブメントの先駆けとなった。

政治的・社会的反抗が生んだロンドン・パンクに比べ、ニューヨーク・パンクは音楽的反抗心・芸術的拘りが特徴といえる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パティ・スミス

基本情報

  • 生年月日:1946年12月30日
  • 出生地:アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ

音楽キャリア

パティ・スミスは、1975年にリリースされたデビューアルバム『Horses』で一躍注目を浴びました。このアルバムは、詩的な歌詞とロックのエネルギーを融合させたもので、パンクロックの先駆けとして高く評価されています。彼女の音楽はしばしば政治的・社会的なテーマを扱い、聴衆に深い影響を与えてきました。

代表曲

  • “Because the Night”:ブルース・スプリングスティーンと共作したこの曲は、彼女の最も有名なヒット曲の一つです。
  • “Gloria”:彼女のデビューアルバム『Horses』に収録されているカバー曲で、原曲はThemによるものです。
  • “People Have the Power”:政治的なメッセージを持つ曲で、1988年にリリースされました。

1. Horses (1975)

  • パティ・スミスのデビューアルバムであり、最も有名な作品です。ロックと詩的な表現を融合させた独自のスタイルが確立されました。「Gloria」や「Land」などが収録されています。

2. Easter (1978)

  • 「Because the Night」が収録されているアルバムで、ブルース・スプリングスティーンとの共作曲です。よりポップなサウンドを取り入れ、商業的にも成功を収めました。

3. Radio Ethiopia (1976)

  • 「Ain’t It Strange」や「Poppies」などが収録されており、デビューアルバムに続く作品です。より実験的な音楽性が特徴です。

4. Wave (1979)

  • 「Frederick」や「Dancing Barefoot」などの曲が収録されており、パティ・スミスの多様な音楽スタイルが感じられるアルバムです。

5. Gone Again (1996)

  • 1980年代後半から90年代初頭の活動休止を経てリリースされたアルバムで、「Summer Cannibals」などが収録されています。再始動後の重要な作品です。

影響と評価

パティ・スミスは「パンクの女王」とも呼ばれ、音楽だけでなく、詩や文学においても重要な影響力を持っています。彼女の詩的な歌詞とエネルギッシュなパフォーマンスは、多くのアーティストやバンドに影響を与えてきました。

書籍

  • “Just Kids”:2010年に発表された自伝で、彼女の若き日々や写真家ロバート・メイプルソープとの友情について綴られています。この本は、全米図書賞(National Book Award)を受賞しました。

その他の活動

パティ・スミスは音楽以外にも、詩人としての活動や、政治的・社会的な活動家としての一面も持っています。彼女はしばしば、自由や人権をテーマにしたイベントに参加し、スピーチを行っています。

受賞歴

  • ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)入り:2007年
  • 全米図書賞(National Book Award):2010年

パティ・スミスのキャリアは、彼女の独自の視点と情熱に満ちた表現力によって形作られ、多くの人々にインスピレーションを与え続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です