バウハウス:ピーター・マーフィー(Peter Murphy)

Blog

Created with Sketch.

バウハウス:ピーター・マーフィー(Peter Murphy)

ピーター・マーフィー(Peter Murphy)は、イギリスのミュージシャンであり、ゴシックロックバンド、バウハウス(Bauhaus)のフロントマンとして知られています。彼はバウハウスの解散後、ソロアーティストとしても成功を収め、独自の音楽スタイルを確立しました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/バウハウス_(バンド)

https://en.wikipedia.org/wiki/Peter_Murphy_(musician)

初期のキャリアとバウハウス

  • バウハウス(Bauhaus): 1978年に結成されたゴシックロックバンドで、ピーター・マーフィーはボーカルを担当しました。バンドは、ダークで劇的な音楽スタイルとステージパフォーマンスで知られています。
  • 代表曲: 「Bela Lugosi’s Dead」「She’s in Parties」「Dark Entries」などがあり、特に「Bela Lugosi’s Dead」はゴシックロックのアンセムとして評価されています。
  • 解散: バウハウスは1983年に解散しましたが、その後何度か再結成し、ツアーや新作のリリースを行っています。

ソロキャリア

ピーター・マーフィーはバウハウス解散後、ソロアーティストとして活動を開始しました。彼の音楽は、バウハウス時代のゴシックロックに加え、より多様な音楽スタイルを取り入れています。

主なアルバムとヒット曲

  • 「Should the World Fail to Fall Apart」(1986年): ソロデビューアルバムで、シングル「Final Solution」が注目されました。
  • 「Love Hysteria」(1988年): このアルバムには、「All Night Long」や「Indigo Eyes」などの人気曲が収録されています。
  • 「Deep」(1989年): 商業的に成功したアルバムで、シングル「Cuts You Up」がビルボード・モダンロックチャートで1位を獲得しました。
  • 「Holy Smoke」(1992年): このアルバムには、「The Sweetest Drop」などが収録されています。
  • 「Dust」(2002年): エスニック音楽やアンビエントを取り入れた実験的な作品です。
  • 「Ninth」(2011年): ゴシックロックの原点に立ち返ったアルバムで、批評家から高い評価を受けました。

影響と遺産

ピーター・マーフィーは、その独特の低音ボイスとカリスマ的なステージパフォーマンスで多くのファンを魅了しました。彼の音楽は、ゴシックロックやポストパンクの重要な一部として位置付けられ、多くのアーティストに影響を与えています。

バウハウス(Bauhaus)

1978年にイギリスのノーサンプトンで結成されたゴシックロックバンドで、ゴシックロックのパイオニアとして広く認識されています。彼らの音楽は、ダークでドラマティックなサウンドとビジュアルスタイルで知られ、後のゴシックロックシーンに大きな影響を与えました。

メンバー

  • ピーター・マーフィー(Peter Murphy) – ボーカル
  • ダニエル・アッシュ(Daniel Ash) – ギター、サックス
  • デヴィッド・J(David J) – ベース、ボーカル
  • ケヴィン・ハスキンス(Kevin Haskins) – ドラム

バンドの歴史

結成と初期活動

バウハウスは、1978年に結成されました。彼らのデビューシングル「Bela Lugosi’s Dead」は、1979年にリリースされ、すぐにカルト的な人気を獲得しました。この曲は、ゴシックロックのアンセムとして広く認知されています。

アルバムとヒット曲

  • 「In the Flat Field」(1980年): デビューアルバムであり、ゴシックロックのクラシックとされています。このアルバムには、「Double Dare」や「A God in an Alcove」などが収録されています。
  • 「Mask」(1981年): バンドのサウンドが進化し、より実験的な要素を取り入れた作品です。代表曲には「Kick in the Eye」や「The Passion of Lovers」があります。
  • 「The Sky’s Gone Out」(1982年): より成熟したサウンドを持つアルバムで、「Silent Hedges」や「All We Ever Wanted Was Everything」が収録されています。
  • 「Burning from the Inside」(1983年): メンバー間の緊張が高まりながらも制作されたアルバムで、「She’s in Parties」や「Slice of Life」が収録されています。

解散と再結成

バウハウスは、1983年に解散しました。しかし、その後何度か再結成され、ツアーや新作のリリースを行っています。1998年、2005年、2019年には再結成ツアーを行いました。

ソロキャリアと他のプロジェクト

解散後、メンバーたちはそれぞれの音楽活動を続けました。ピーター・マーフィーはソロキャリアを築き、ダニエル・アッシュとデヴィッド・J、ケヴィン・ハスキンスは、ラヴ・アンド・ロケッツ(Love and Rockets)を結成し成功を収めました。

影響と遺産

バウハウスの音楽とビジュアルスタイルは、ゴシックロックの基礎を築き、後の多くのアーティストに影響を与えました。彼らのダークでドラマティックなサウンドは、シスターズ・オブ・マーシー(The Sisters of Mercy)、ザ・キュアー(The Cure)、ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)など、さまざまなバンドに影響を及ぼしました。

ゴシックロック(Gothic Rock)

ゴシックロック(Gothic Rock)は、1970年代後半から1980年代初頭にかけて、ポストパンクから派生した音楽ジャンルです。ゴシックロックは、その暗くて重厚な音楽スタイルと独特のビジュアルエステティックで知られています。このジャンルは、ダークな歌詞、劇的な音楽構成、そしてゴシック文学やホラー映画からの影響を特徴としています。

特徴

  • 音楽的特徴: ゴシックロックは、重厚なベースライン、エコーをかけたギター、そして深く、しばしば哀愁に満ちたボーカルを特徴とします。シンセサイザーやドラムマシンも頻繁に使用されます。
  • 歌詞: 歌詞はしばしば死、失恋、孤独、宗教、超自然的なテーマを扱います。
  • ビジュアルスタイル: アーティストやファンは、黒を基調とした服装、ヴィクトリア朝風のファッション、ドラマティックなメイクアップを好みます。

歴史

1970年代後半 – 1980年代初頭: 起源と初期の発展

  • バウハウス(Bauhaus): ゴシックロックのパイオニアとして広く認識されています。1979年のデビューシングル「Bela Lugosi’s Dead」は、ゴシックロックのアンセムとなりました。
  • ジョイ・ディヴィジョン(Joy Division): その暗くてメランコリックなサウンドと歌詞で、ゴシックロックの初期に大きな影響を与えました。
  • スージー・アンド・ザ・バンシーズ(Siouxsie and the Banshees): ポストパンクからゴシックロックへと進化し、暗く劇的な音楽スタイルを確立しました。

1980年代: ジャンルの確立と拡大

  • ザ・キュアー(The Cure): ゴシックロックのメインストリーム化に貢献し、特にアルバム「Pornography」(1982年)や「Disintegration」(1989年)はジャンルの重要な作品とされています。
  • ザ・シスターズ・オブ・マーシー(The Sisters of Mercy): 重厚なベースラインと深いボーカルで、ゴシックロックの象徴的なバンドとして知られています。
  • エイジ・オブ・チャンス(The Mission): 1980年代中頃から後半にかけて活躍し、ゴシックロックシーンに重要な影響を与えました。

1990年代以降: 多様化と進化

  • ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails): インダストリアル・ロックとゴシックロックの要素を融合し、広範な影響を及ぼしました。
  • ヒム(HIM): フィンランドのバンドで、ラブメタルと称されるスタイルでゴシックロックに新しい風を吹き込みました。
  • エヴァネッセンス(Evanescence): 2000年代初頭に登場し、ゴシックロックとニューメタルを融合させたスタイルで国際的な成功を収めました。

影響と文化

ゴシックロックは音楽シーンだけでなく、ファッションやアート、ライフスタイルにも大きな影響を与えました。ゴシックカルチャーは、その独特の美学と哲学で、多くのサブカルチャーに影響を及ぼしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です