フレッシュ・フォー・ルル(Flesh for Lulu)

Blog

Created with Sketch.

フレッシュ・フォー・ルル(Flesh for Lulu)

「フレッシュ・フォー・ルル」(Flesh for Lulu)は、1982年にイギリスのロンドンで結成されたロックバンドです。彼らは、ダンスビートとパンクロックの要素を取り入れたポストパンクサウンドで知られています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Flesh_for_Lulu

結成と初期の活動

結成:

  • バンドは、ニック・マーシャル(Nick Marsh)とローニー・レイトン(Rocco Barker、本名Ronald Lenton)によって結成されました。
  • バンド名は、映画監督のアンディ・ウォーホルが製作した映画『Flesh for Frankenstein』から取られています。

初期の作品:

  • バンドは1983年にデビューアルバム『Flesh for Lulu』をリリースしました。このアルバムはイギリスのインディーズチャートで成功を収めました。

商業的成功と評価

1980年代:

  • 1987年にリリースされたアルバム『Long Live the New Flesh』が、バンドの最も成功した作品となりました。このアルバムには、彼らの最大のヒット曲である「I Go Crazy」が収録されています。
  • バンドは、『Long Live the New Flesh』の成功により、アメリカや他の国々でツアーを行い、一定の成功を収めました。

後の活動:

  • バンドは1990年代に入っても活動を続けましたが、商業的な成功を収めることはできませんでした。
  • バンドは1992年に解散しましたが、後に再結成され、2009年には一部メンバーでライブパフォーマンスを行っています。

音楽的特徴と影響

音楽的特徴:

  • フレッシュ・フォー・ルルの音楽は、パンクロック、ポストパンク、ガレージロックの要素を取り入れており、エネルギッシュでダンサブルなサウンドが特徴です。
  • ニック・マーシャルの特徴的なボーカルスタイルも、バンドの音楽に独自の個性を与えています。

影響:

  • フレッシュ・フォー・ルルは、1980年代のロックシーンにおいて一定の影響を持っていました。特に、彼らのダンサブルでポップなアプローチは、後のバンドやアーティストに影響を与えました。

フレッシュ・フォー・ルルは、独自の音楽スタイルと魅力的なパフォーマンスで多くのファンを魅了しました。彼らの音楽は、ポストパンクやロックの歴史において一定の位置を占めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です