シスターズ・オブ・マーシー

Blog

Created with Sketch.

シスターズ・オブ・マーシー

シスターズ・オブ・マーシー(The Sisters of Mercy)は、1980年にイギリスのリーズで結成されたゴシックロックバンドです。バンドはアンドリュー・エルドリッチ(Andrew Eldritch)とゲイリー・マルクス(Gary Marx)によって設立され、初期のメンバーには、後にThe Missionを結成するウェイン・ハッセイ(Wayne Hussey)やパトリシア・モリソン(Patricia Morrison)も含まれていました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/シスターズ・オブ・マーシー

https://en.wikipedia.org/wiki/The_Sisters_of_Mercy

バンドの歴史

初期(1980-1984):

  • バンドの名前は、レナード・コーエンの楽曲「Sisters of Mercy」から取られました。
  • デビューシングル「Damage Done」(1980年)を自主制作でリリース。
  • 初期のラインナップには、エルドリッチがドラムマシン(ドクター・アヴァランチ)を使用していました。

商業的成功(1985-1990):

  • 1985年にアルバム『First and Last and Always』をリリース。これはゴシックロックの名盤とされています。
  • バンドはこの時期にいくつかのメンバーチェンジを経験。ウェイン・ハッセイとクレイグ・アダムスが脱退し、The Missionを結成。
  • 1987年にセカンドアルバム『Floodland』をリリース。このアルバムには、「This Corrosion」や「Lucretia My Reflection」などのヒット曲が収録されています。
  • 「This Corrosion」は、ジム・スタインマンのプロデュースにより、大ヒットを記録。

続く成功と変動(1990-1993):

  • 1990年にサードアルバム『Vision Thing』をリリース。このアルバムは、前作とは異なり、ハードロックの要素が強い作品となりました。
  • 1992年にはパトリシア・モリソンが脱退し、新たにトニー・ジェームス(Tony James)が加入。

長期の活動休止と現在:

  • 1993年以降、エルドリッチはバンドの活動を休止し、法的なトラブルやレコード会社との対立などが続きました。
  • その後、バンドはライブ活動を中心に続けていますが、新しいスタジオアルバムはリリースされていません。

音楽と影響

シスターズ・オブ・マーシーは、ゴシックロックの象徴的な存在であり、その音楽はダークでドラマティックな要素が強いです。彼らの音楽は、深くエコーのかかったギター、重厚なベースライン、エルドリッチの低く独特なボーカルで特徴づけられます。彼らの影響は、ゴシックロックやインダストリアルロックのアーティストに広がり、現在も多くのファンに支持されています。


ゴシックロック

ゴシックロック(Gothic Rock)は、1970年代後半から1980年代初頭にかけて、ポストパンクのムーブメントの一部として発展した音楽ジャンルです。このジャンルは、ダークで雰囲気のある音楽スタイル、暗い歌詞、そして視覚的に強烈な美学が特徴です。

ゴシックロックの起源と発展

起源:

  • ゴシックロックは、1970年代後半のポストパンクシーンから生まれました。バンドとしては、ジョイ・ディヴィジョン(Joy Division)、スージー・アンド・ザ・バンシーズ(Siouxsie and the Banshees)、バウハウス(Bauhaus)が初期の代表格です。
  • 1979年にリリースされたバウハウスのシングル「Bela Lugosi’s Dead」が、このジャンルの初期の象徴的な楽曲とされています。

1980年代:

  • 1980年代に入り、ゴシックロックは独自のサブカルチャーとして確立されました。ザ・キュアー(The Cure)、ザ・シスターズ・オブ・マーシー(The Sisters of Mercy)、エコー&ザ・バニーメン(Echo & the Bunnymen)などのバンドがこのジャンルを代表しました。
  • この時期、ダークなファッション、特に黒い服、重いメイク、そして特異なヘアスタイルがゴスファッションとして知られるようになりました。

1990年代以降:

  • 1990年代には、ゴシックロックはさらに多様化し、インダストリアルロックやダークウェーブといった他のジャンルとの融合が進みました。
  • バンドとしては、ニッツァー・エブ(Nitzer Ebb)、ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)、マリリン・マンソン(Marilyn Manson)などが影響を受けました。

音楽的特徴

  • サウンド: ゴシックロックの音楽は、エコーのかかったギター、深く重厚なベースライン、暗くドラマチックなボーカルスタイルが特徴です。
  • 歌詞: 歌詞はしばしば、孤独、絶望、死、ロマンス、神秘主義といったテーマを扱います。
  • ビジュアル: ゴスファッションは、黒を基調とした服装、重いメイク、そして特異なヘアスタイルが特徴です。

ゴシックロックの影響

  • ゴシックロックは、音楽だけでなくファッション、文学、映画など幅広い文化に影響を与えました。
  • 映画では、『ザ・クロウ/飛翔伝説』や『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』などがゴシック的な要素を取り入れています。
  • 現在も、多くのバンドやアーティストがゴシックロックから影響を受けており、このジャンルは依然として活発なサブカルチャーの一部として存在しています。

ゴシックロックは、その独特の音楽スタイルと美学で、数十年にわたって多くの人々を魅了し続けています。このジャンルは、ダークで感情的な表現を追求するアーティストとファンの間で強い共感を呼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です