ギリシャ語すごいぜ#5ー格変化、ラテン語とよく似てない?

Blog

Created with Sketch.

ギリシャ語すごいぜ#5ー格変化、ラテン語とよく似てない?

名詞の第一変化形

第二変化形は、女性名詞がほとんどなく、男性化、中性名詞

これは

ラテン語の第二変化形と同じ傾向にある

そして、男性名詞は ος – ου 型 中性名詞は ον – ου 型 に分けられる

つまり、男性と中性で、主格が ος ον かの違いで 属格は ου 、語尾の最初の文字は「o」という共通点があった。

ラテン語の「o 幹」に近い

一方、第一変化形は、語尾の最初の文字が二種類「η」「α」になる点が、第二変化形と異なる。

そしてほとんどが、第二変化形に現れなかった「女性名詞」


第二変化形との類似点

単数の語尾変化は「-η型」「-α型」ともに、第二変化形とかなり異なる(属格の語尾に「ς」が入るなど)

しかし、複数の語尾変化は、-o と-αの違いで、第二変化形の男性名詞とほぼ同じ

第二 -οι、 -ους、-ων、-οις (ラテン語同様 「-o幹」)

第一 -αι、-ας、-ων、-αις (ラテン語同様「-a幹」)


ラテン語との類似点

ラテン語では同様に、「a 幹」ということになる

  • ギリシャ語の「η」は、発音が「e:」、ラテン語の ae に類似する
  • 「s」が「ς」、「am」が「an」、「e」が「ι」もしくは省略される

まず、ラテン語の格変化をギリシャ語に合わせて、「主格」「対格」「属格」「与格」の順で並びなおす

(ラテン語  -a型)

単数  -a、-am、 -a、 -ae 

複数  -ae、 -as、 -arum、 -is

(ギリシャ語 -α型)

単数  -α、-αν、-ας、 -α

複数  -αι、-ας、-ων、-αις

(ギリシャ語 -η型)

単数 -η、 -ην、 -ης、 -ηι

複数 -αι、-ας、-ων、-αις(-α型と同じ)

複数属格の”-arum”が、”-ων”になるのが見かけが違うけど、発音は結構近いのではないか

アールム ≒ オーン、日本人は”R”を、ラ行で発音するから、だいぶ違うように見えるだけかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です