デイトレード、ほぼ1日中株価ボードに張り付いて、株の売り買いをして利益を出す。

正直、

時間の無駄!

と思える。

ただし、デイトレーダの定義がFXなど含めた金融商品の取引で収益を得て生活をしている、いわゆるプロの投資家であれば、当然その時間は知的労働をしているわけなので、無駄とは言えない。

しかしそう定義すれば、「デイトレード」をする人が全て「デイトレーダー」ではない。

生活の糧は、別の収入にあったりする。

例えば、会社をリタイアした年金生活者とか。

この場合、1日中ボードに張り付いて株の動きばかり考え、そして情報を集めることに執心するのはもったいなくないですか?

プロの投資家でもないアマチュアが、そんなデイトレードやって収益を得てもたかがしれてるし、下手すりゃ損失を被ります(そのほうが多いかも・・・)

自分は一応「中小企業診断士」「宅地建物取引」「行政書士」など情報収集・分析作業の基礎的知識は持っているつもりです。

それでも株取引についてはど素人、1日中ボードに張り付いてデイトレードをやったとしも簡単には収益は出せないことがわかりました。

もちろん、資金力ということもあるのかも知れませんが、デイトレーダでもないアマチュアが

千株・万株など動かすべきではない

と考えております。

何千マンという余裕資金があったとしても、株価の動きによっては

生活資金にまで手を出す

恐れがあるからです。

最初は数万円の利確で我慢していたのが、数万円の損失を出して、それを穴埋めしようとして、数十万の利確を狙い、それがどんどんエスカレート・・・まるで競馬競輪などのギャンブル中毒ですね。

余裕資金が多くあれば多くあるほどなおさらですよ。

そして余裕資金がなくなれば生活資金に手を出すか、もしくは「信用取引」という泥沼に・・・・・。

カテゴリー: 株式投資経済

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です