時価総額と売上高

投稿者: きくずみん 投稿日:

前のブログで、「売上高」>「時価総額」なら、割安と書いた。

これは、まだ数か月の投資歴しかない自分の経験上の指標なんだけど、

その「感性」をちょっとした「理論」に落とし込んでみたい。

ある銘柄が、売上高100億円、自家総額100億円だったとしよう。

業態にもよるけど、ちゃんと経営していれば、

一例として、粗利30%で30億

営業利益10%で10億

営業外損益はゼロと仮定して、経常利益も10億円となる。

税金30%を支払って純利益7億円

さて、ここで株主に配当を還元することになるが、

配当性向30パーセントとして約2億円が配当原資となる。

戻って考えると、時価総額は100億円だ

株価が1000円だとすると、公開済み株式数は1000万株

そうすると1株当たり配当金は、20円

1000円の株で、配当利回りが2パーセント

まあ、適正ではないだろうか。

カテゴリー: 経済

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です