ユーグレナ、バイオ燃料まだ着火せず

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2553P0V20C24A3000000/

投資家は夢から冷めつつある。

ごもっとも

「会計上の利益でも黒字に変えていきます」。若原智広最高経営責任者(CEO)はこう宣言した。

同社の重視する調整後EBITDA(のれん償却費・減価償却費計上前営業利益に、助成金収入や株式関連報酬などを調整)は前期比62%増の36億円を見込んでいる。

うん? 「税法上」は利益が発生しているということ?

なるほど、連結だと子会社が法人税支払わざるを得ないのか

私は稼いだEBITDAは、自社の投資(減価償却費)、債権者(支払利息)、出資者(株主)、社会(税金)に分配されるものと思ってる。

出資者に分配ゼロは、株主軽視でしょ!

つまりは配当を出して欲しいんだけど、バイオ燃料の研究開発・先行投資の資金として第三者割当て(増資)を重ねて、

もはや発行済み株式数は1億株、時価総額は赤字経営なのに一時、1000億円にもなっていた!

たとえ、EBITDAからほんの数億円(今期は営業CFで658百万円)の利益を株主に配分したところで、一株あたり利益は数円(涙

利回りから見て株価が4桁になるのは遠い・・・・・。

  

ところで、サティス製薬との株式交換の効力発生は今年の2月1日。

今回の株主総会には間に合わなかったけど来期こそ、筆頭株主の山崎智史(サティス製薬)さん!

こう見えて、ユーグレナの出雲社長より山崎氏の方が年上のはず。

その引き締まった顔で「ミドリムシ燃料ファンタジー」をなんとかしてください!

あれ? 

写真の後ろに書かれているのは、山崎氏の綺麗創造HDの経営理念ではないですか。

ユーグレナの真の経営者は!?期待してます


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です