アテネ・クレイステネスの改革とFF14ハウジング

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/クレイステネス

クレイステネスは新たなる行政・軍事上の区分単位として、旧来の血縁による4部族制を廃止し、地縁に基づく10部族制のデーモス(区)制定及び10部族制デーモスを基礎とした五百人評議会の設置を行い、将軍職(ストラテゴス)を定めるなどアテナイ民主政の基礎を確立した。

クレイステネスのデーモス(Cleisthenes’s deme)は、古代ギリシャの政治的な単位であり、クレイステネスという政治改革家によって導入された制度です。クレイステネスは紀元前6世紀後半にアテナイで政治改革を行い、アテナイ民主制の基盤を築いた人物として知られています。

デーモスは地域社会や地域共同体を指し、それぞれが自治的な単位として機能しました。クレイステネスはアテナイを10の部族(tribes)に分け、さらにその下位に細分化して約140のデーモスを設定しました。この制度は、個々の市民が自己のデーモスに所属することで、政治的な参加や責任を担うことを意味しました。

カテゴリー: 経済

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です