ラテン同盟

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ラティウム同盟


ラテン同盟(Latin League)は、古代ローマの成立期における中心的な同盟体でした。紀元前7世紀から紀元前4世紀にかけて存在し、ローマと周辺のラテン人都市国家との同盟関係を指します。

ラテン同盟は、ローマを含むラテン人都市国家が結集した同盟であり、共通の利益や防衛目的などを目的として結成されました。同盟は様々な都市国家を包含し、その中にはアルデア、アルバ・ロンガ、ラヴェンナ、ティブル、アリキア、フレゲッリア、ポルティカ、コルシカ、アンティウム、ラティウム、サビニア、ファルネジア、ポメティア、ティブル、ペディウム、コルネ、ラヴィクランテ、カルキス、カエレといった都市が含まれていました。

ラテン同盟はしばしばローマとの関係を通じて政治的な影響力を行使し、共同の敵に対して連合して戦うこともありました。しかし、ローマが拡大するにつれて、同盟は次第にローマの影響下に置かれ、紀元前338年にローマによって解体されました。解体後、ラテン同盟の都市はローマの同盟市として存続し、ローマ帝国の一部として統合されました。

カテゴリー: ローマ帝国歴史

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です