ピュロス(イピロス王国)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ピュロス

https://ja.wikipedia.org/wiki/イピロス

ピュロス(Pyrrhus)は、紀元前3世紀の古代ギリシャのエピロス王国の王でした。彼は古代史上の有名な軍事指導者であり、特にピュロス戦争で知られています。

ピュロス戦争は、紀元前280年から275年にかけて、ピュロス率いるエピロス軍とローマ共和国軍の間で行われました。最初の戦いでピュロスはローマ軍を破りましたが、その勝利は非常に高い損失をもたらしました。彼は「ピュロスの勝利」という有名な表現を生み出すに至りました。それは戦いに勝利したが、その勝利の代償が大きく、実質的に敗北と同じくらい損失が大きかったことを指します。

ピュロスはさまざまな戦いで名声を得ましたが、その後も継続的な成功を収めることはできませんでした。彼は敵対者や挑戦者に対抗し、さまざまな同盟を結びましたが、ローマとの戦争は長引き、エピロスにとっては過酷な戦いとなりました。

結局、ピュロスは敵対者によって殺害されることとなり、彼のエピロス王国はローマに併合されました。ピュロスの戦略と戦術は後の軍事指導者に影響を与え、彼の名声は古代の戦争の中で永遠に残ることとなりました。

カテゴリー: 経済

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です