エトルリア

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/エトルリア

エトルリア(Etruria)は、古代イタリア半島に存在した文明および地域の名称です。エトルリア文明は、紀元前約9世紀から紀元前1世紀初頭にかけて栄えた、古代イタリア半島中部に位置する文明です。

エトルリア人は、紀元前1千年紀中ごろからイタリア半島中央部に移住し、エトルリア文化を形成しました。エトルリアの中心地は現在のトスカーナ州にありましたが、エトルリアの支配地域はおおむね現在のトスカーナ、ウンブリア、ラツィオ地方にまたがっています。

エトルリア人は高度な都市文明を築き、技術、芸術、建築、宗教、政治などのさまざまな分野で発展しました。特にエトルリア人の陶器や壁画、彫刻などの美術品は有名です。また、エトルリア人はローマに影響を与え、ローマ帝国の形成に一定の役割を果たしましたが、紀元前4世紀末からは徐々にローマに併合され、エトルリア文明は衰退していきました。

カテゴリー: 経済

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です