イオニア地方

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/イオニア

古代ギリシャのイオニア地方は、現在のトルコ西部およびエーゲ海沿岸の一部を指す地域です。

イオニア古代ギリシア語: Ἰωνία)とは、エーゲ海に面した、アナトリア半島(現・トルコ)南西部に古代に存在した地方のことである。

イオニア地方は、南北162km、東西36〜54kmだった。しかし、その他にも、ミマス半島、キオス島・サモス島という大きな島が加わる。海岸線は非常に入り組んでいて、海岸に沿って航海すると実際の距離のほぼ4倍にもなった。この地方の大部分は、山で占められていた。

現在もそうであるが、気候はとても良く、古代人には、小アジアでも最も肥沃な土地として有名だった。

近くにスミルナ(現・イズミル)があった。アナトリア半島にはイオニア人(古代ギリシア人を構成する1集団)が植民(でなければ、少なくとも支配)した様々な都市国家があり、それらで構成されたイオニア同盟の、北の地域を指す。

紀元前1千年紀から紀元前6世紀にかけて、この地域は古代ギリシャ文明の一部として栄えました。

イオニア地方は、都市国家(ポリス)の中心地であり、特にミレトス、エフェソス、スミルナ(現在のイズミル)などの都市で知られていました。また、イオニア地方は古代ギリシャ世界で商業や文化の中心地の一つでもありました。

ペルシャ戦争

イオニア地方は、古代ギリシャの都市国家(ポリス)が位置する地域でしたが、紀元前6世紀にペルシア帝国の支配下に入りました。

その後、イオニア地方のギリシャ人は、ペルシアの支配に対する反乱を試みました。この反乱は紀元前499年に始まり、主にイオニア地方の都市国家と周辺地域で展開されました。

この反乱は、ギリシャ都市国家アテネとエレトリアが支援したものでしたが、結局はペルシア帝国のダレイオス1世に鎮圧されました。

その後、ペルシアは復讐のためにギリシャ本土への遠征を計画しました。

紀元前490年、ペルシア軍はマラトンの戦いでアテネ軍に敗れましたが、その後の紀元前480年にクセルクセス1世率いるペルシア軍がギリシャに侵攻し、テルモピュライの戦いやサラミスの海戦などの戦いが繰り広げられました。

このペルシア戦争はギリシャ世界とペルシア帝国との間で行われた重要な歴史的な対立であり、結果的にギリシャの勝利に終わり、西洋文明の発展に大きな影響を与えました。

スパルタ

ペルシア戦争におけるスパルタの役割は重要ですが、他のギリシャの都市国家とは異なるものでした。スパルタは、ペルシア戦争の初期段階で主要な役割を果たしましたが、後の段階ではあまり積極的に関与しませんでした。

紀元前490年のマラトンの戦いでは、スパルタ軍はアテネと共に戦い、ペルシア軍に対して勝利を収めました。しかし、この戦いの後、スパルタはペルシア戦争におけるアテネの指導的な役割を警戒し、自らが主導権を握ることを好みました。

紀元前480年のテルモピュライの戦いでは、スパルタ王レオニダス1世率いるスパルタ軍がペルシア軍に立ちはだかりました。スパルタ軍は勇敢に戦いましたが、結局は圧倒されて壊滅しました。この戦いの後、スパルタはアテネなど他の都市国家と協力することなく、ペルシア軍との戦闘から距離を置きました。

ペルシア戦争の終結後、スパルタはペルシアの影響力を抑えるためにアテネとの対立を深め、ペロポネソス戦争(紀元前431年-紀元前404年)という長期にわたる紛争を引き起こしました。これは、スパルタとアテネの覇権を巡る闘争でした。

カテゴリー: ローマ帝国地理歴史

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です