ミケーネ文明

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミケーネ文明

ミケーネ文明(ミケーネぶんめい)またはミュケナイ文明(ミュケナイぶんめい)は、エーゲ文明のうち、ペロポネソス半島ミケーネ(ミュケナイ)を中心に栄えた青銅器文明である

クレタ島ミノア文明との貿易を通じて芸術などを流入し、ついにはクレタ島に侵攻、征服したと考えられる。

ミケーネ文明は、紀元前1600年頃から紀元前1100年頃にかけて、現在のギリシャ本土南部にあたる地域で栄えた古代ギリシャの文明です。ミケーネ文明は、古代ギリシャの文化の中でも特に有名で、トロイア戦争やギリシャ神話の舞台としても知られています。

ミケーネ文明の特徴としては、独特の城壁建築や円形墳墓(トンベス)などの建造物、そしてミケーネ宮殿などの遺跡が挙げられます。また、ミケーネ文明は青銅器時代末期から鉄器時代初期にかけて栄えた時代であり、青銅器や金属工芸品、陶器などの工芸品も特筆されます。

ミケーネ文明は、アケメネス朝ペルシャ帝国の侵攻などにより衰退し、紀元前1100年頃には終焉を迎えました。しかし、その文化や遺産は古代ギリシャ文明全体に影響を与え、後のギリシャの文化や文明の基盤となりました。

カテゴリー: 経済

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です