自省録Ⅳ

投稿者: きくずみん 投稿日:

自分自身の中に、簡潔で本質的な自然に従う信条を持つこと。

それをじっと眺めていると、あらゆる苦しみを消し去り、たちまち心が完全に安らかになってくるのである。

そしていい加減、心を鎮めたらどうだ。

君自身の内なるこの小さな土地に隠退することを覚えよ。

気を散らさないこと、緊張しすぎないこと、自由であること、人間として死すべき存在であること。

煩わしいのは、内心の主観からくるものにすぎないこと。

君の見るところのものは、瞬く間に変化して存在しなくなるということ。

多くの変化を見届けたことを思いひそめよ。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です