資本主義経済はわらしべ長者

投稿者: きくずみん 投稿日:

わらしべ長者の話

最初に持っていたただの麦わらから、物物交換していくうちに、大金持ちになったという話

ところで、資本主義の基本は分業による物物交換である。

そう考えると、わらしべ長者はただのファンタジーではなく、資本主義経済そのものをわかりやすく話している。

ただ、麦わらを一本をそのまま持っていても、おそらくまともなモノに交換してくれる人はいない

その辺りは、わらしべ君、超ラッキーな人物ということでファンタジーとも言える。


資本主義経済においては、生きていくために必要なもの、つまり麦わらではなく、食料や衣服、石鹸や電気など、所謂「生活必需品」を国民一人一人に国が配給してくれる訳ではない。

わらしべ君の場合、麦わらを「資本」として、ファンタジーではなく現実に必要な物を手に入れるためにはどうするか?

つまり、麦わらから「草履」や「帽子」など、交換するに値する「商品」を自分で作るという「労働」が必要なのだ。

マルクスも同じことを言っているので、所謂、共産主義も国富の蓄積する構造の基は、同じく「労働」ということに変わりはないだろう。

だから、労働は、使用価値の形成者としては、有用的労働としては、あらゆる社会形態から独立した、人間の一実存条件であり、人間と自然との物質代謝を、それゆえ人間的生活を、媒介する永遠の自然必然性である。資本論(一) 商品の二因子、即ち使用価値と価値(価値の実体と価値の大小)

分配の仕方が違うだけだと思う。


わらしべ君のように何も労働しないで、次々と生活必需品が手に入るというのは、おそらく宝くじが当たるような確率である。

ただ現代のように、知恵と行動力があれば、ものづくりやサービスといった「労働」をすることなく「金融取引」によって富を築くことのできる「富裕層」もいる。

しかし、それもかなり低い確率であって、アダム・スミスの言うように総体としては、利益はプラスになることはないと思える。

つまり、国民が全員、労働ではなく、パソコンの前で金融取引「だけ」をやっても、国富はたまらず、その国が繁栄することはないだろう。

やはり、国家の繁栄のためには、国民一人一人の「労働」は欠かせないと思う。

※ピケティの本は読んでいないが、実証的研究ではそうとも言えないかもしれないが・・


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です