ジョージ1世 (ハノーヴァー朝#1)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョージ1世_(イギリス王)

1660年5月28日 – 1727年6月11日

グレートブリテン王国及びアイルランド王国の国王で、ハノーヴァー朝の開祖である。

また、神聖ローマ帝国ブラウンシュヴァイク=リューネブルク(ハノーファー)選帝侯でもあり、ドイツ語名をゲオルク・ルートヴィヒ(Georg Ludwig)という。


イギリスで又従妹のアン女王が崩御してステュアート朝が断絶すると、母のゾフィーがステュアート家の血筋だったことから、54歳でグレートブリテン王国の国王ジョージ1世として迎えられた。

イングランドの1701年王位継承法により、ジョージの母ゾフィーは当時王位についていたウィリアム3世と義妹アンが継承者なく死去した場合、その継承者となることが定められていた。

この決定の理由は、ゾフィーがプロテスタントのうちイギリス王家の最近親者にあたるためだった。

近親者のうち継承順位がゾフィーより上にある56人のカトリック信者は排除された。

彼らが王位を継承するために改宗するという望みは薄く、うち数人はすでに断っていた


ドイツで生まれ育ったジョージ1世は英語を理解できず、イギリスの政務をロバート・ウォルポールに任せ、それがイギリスにおける責任内閣制(「国王は君臨すれども統治せず」)の発達を促す結果になったといわれる。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です