発達した社会での土地改良

投稿者: きくずみん 投稿日:

アダム・スミスの時代は、農業経営による土地生産物の生産性が、その国の発展、国富の増加に大きな役割を果たす。

重農主義が十分に通用していることがよい例である。

そして地主の土地改良による農業経営の生産性の向上が、その後の産業革命に大きく寄与し、国の発展の基礎となったことも事実である

しかし、農業経営ではなく、現代のように第二次産業、第三次産業の役割がその国の発展に大きな役割を果たす場合、「地主による土地改良」に代わるような国の発展の基礎となるものはなんだろうか。


現代の地主=不動産事業者

現代の地主、いわゆる不動産事業において、いわゆる重農主義に資するような土地改良とは何か。

地主の所有する土地(不動産)が潜在的に高い収益力をもつようにするためには、何が必要なのか。

世界的な人口の増加を見据えれば、第一次産業(農業)の発達をのための土地改良という考え方もある。

しかしここではより現実的な、第二次産業と第三次産業について考えてみたい。

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です