https://ja.wikipedia.org/wiki/デイヴィッド・ヒューム

1711年 – 1776年、スコットランド哲学者

ロックバークリーベーコンホッブズと並ぶ英語圏の代表的な経験論者であり、生得観念を否定し、経験論懐疑論自然主義英語版)哲学に絶大な影響を及ぼした。

歴史家政治思想家経済思想家随筆家としても知られ、啓蒙思想家としても名高い。


ユリウス・カエサルの侵略から1688年の革命までの出来事をたどった『英国史』(The History of England 6巻 1754-1762年に刊行)は、ベストセラーとなり、この成功に乗じて、主著である哲学書、『人間本性論』(Treatise of Human nature 1739-1740年刊行)を再版し認められた。

政治面ではジャコバイトに反対し、先進的なイングランドスコットランドの統合を支持する立場であった。

ヒュームの思想はトーマス・ジェファーソンベンジャミン・フランクリンなどのアメリカ建国の父たちにも大きな影響を与えた。


哲学

ヒュームは懐疑論者、無神論者として槍玉にあがっており、そのためにエディンバラ大学教授などのアカデミック・ポストを望んでいたにもかかわらず終生得ることができなかった。

20世紀の著名な分析哲学者バートランド・ラッセルは、因果関係の必然性を否定したヒュームの懐疑論を克服した哲学は、カントをはじめとしたドイツ観念論も含め、いまだに現れていないとの見解を示している。


経済思想

古典派経済学の祖とされるアダム・スミスとは信頼関係に結ばれた友人であった。彼がアダム・スミスにどの程度影響を受けたかを評価するのは難しいが、どちらも歴史的な出来事から支持された同様の原則を持っていました。しかし、同時に、ヒュームはスミスの国家の富で観察できる経済理論の具体的なシステムを実証しなかった。 ヒュームはまた、完全な平等が倹約と産業の考えを破壊するので、完全な平等は貧困につながるだろうと考え、財産の不平等な分配を信じていました。

ヒュームは安定した民間部門の擁護者でしたが、政府債務は実際のお金の一種の代替品であると考え、それが労力を増やすと信じて、重い課税を信じていました。

経済学者のポール・クルーグマン(2012年)は、彼のエッセイ「貿易収支について」に言及し、「デビッド・ヒュームは、私が最初の真の経済モデルと考えるものを作り出した」と述べた

デビッド・ヒュームは現代のマネタリズムを予想していた。まず、ヒュームはと金利の理論に貢献しました。ヒュームは、抽象的なレベルでは、国が繁栄するために必要な名目上の金額が定量化できないことを最初に証明したと信じられています。彼は名目実際のお金の間に違いがあることを理解していた。原因と結果は相関関係によってのみ関連しているので、お金の供給の変化が消費と投資に影響を与える可能性があるという信念を現代のマネタリストと共有しました。

経済評論家中野剛志によれば、

ヒュームは自由貿易の擁護はしていてもドイツが未発達の工業製品に関税をかけることは間違いではないとした。

ヒュームが自由貿易を奨励したのは、海外とのコミュニケーションを盛んにすることで知識が交換されたり、海外から入る知識や技芸によって、国内の文化が刺激されて豊かになるという話であって、資源配分の効率化の話ではなく、海外市場を取りに行くべきではないとされる。

コミュニケーションが上手くいき、文明が発達するためには大体同じ程度の文明水準でなければならないと言っていたとしている。

ヒュームをはじめ18世紀の頃の啓蒙思想家たちが注意深く見ていたのは、経済システムがいかに文化・制度・法律・政治体制により異なっていくかということである。

経済システムが国ごとにいかに違うかというのを強調するのが政治経済学社会科学の始まりであったとする。


政治思想

ヒュームの著作は、保守的な理論で独創的であり、保守主義の建国の父と考えられています。

対照的に、限られた政府希少性がある場合の私有財産立憲主義など、彼のアイデアの多くは、自由主義の第一原則でもある。

彼は厳格な権力の分離地方分権、価値のある財産を持つ人にフランチャイズを拡大し、聖職者の権力を制限することを擁護した。

1768年に彼はアメリカ人側の全面的な反乱を奨励し、1770年代、ヒュームはアメリカ植民地に対するイギリスの政策に批判的であり、アメリカの独立を提唱した。

一部の創設者に対するヒュームの影響は、政府のいかなる部門でも高い役職が給与を受け取るべきではないという1787年のフィラデルフィア会議でベンジャミン・フランクリンの提案に見られます。これは、ヒュームがジェームズ・ハリントンオセアナの修正で行った提案です


人種差別主義

ヒュームは白人を至上のものとし、黒人黄色人種など他の人種を劣っていると考えていたため、人種差別を正当化する人種主義であると批判されている。

わたしは、黒人と一般に他の人間種のすべてが生まれながらに白人より劣っていると思っている。

白人以外に、どんな他の肌の色を持つ文明化された民族もまったく存在しなかったし、行動であれ思弁であれ、卓越した個人でさえもまったく存在しなかった。

かれらのあいだにはどんな独創的な製品も、どんな芸術も、どんな科学も、決して存在しなかっ た。

「国民性について」

彼の見解は、18世紀後半の人種化された奴隷制度を強化するのに役立った。ウィンドワード諸島ジョージ・コールブルックらが買収した多くの奴隷プランテーションに投資するよう奨励し、奴隷プランテーションの購入を促進しました。


カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です