ロシアのシベリア征服

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ロシアのシベリア征服

1581年、ロシア・ツァーリ国、イワン四世の時代、イェルマークがによる、シビル・ハン国の征服に始まった


毛皮貿易

https://ja.wikipedia.org/wiki/毛皮貿易

毛皮は、ルーシー時代(9世紀頃)から暖を採りやすい素材として衣類に使われたことで、東ローマ帝国との貿易においても極めて重要であり、10世紀から12、13世紀に至るまで貨幣の役割も果たした。

中世ルーシのノヴゴロド共和国の商人は、ロシア北方や東方の民族と交易し、主としてテンビーバーオオカミキツネリスおよび野ウサギの生皮を手に入れ西欧へ輸出した。

ノヴゴロドの位置と領域(1400年代)

15世紀、タタールのくびきの後、モスクワ大公国イヴァン3世はノヴゴロド軍を打ち負かし、自由な貴族共和国としてのノヴゴロドは終焉を迎え、イヴァン3世が権力を握った。

16世紀ロシア・ツァーリ国によってシベリアの産業として成長し、北アメリカの植民地以降、毛皮貿易は世界的な産業として発展した。

16世紀から18世紀に掛けて、ロシア人はコサックを先頭に、毛皮動物の産地であり、多くの動物種が豊富な地域であるシベリアを目指してウラル山脈を越え、オビ川、エニセイ川、レナ川水系と大河を伝って太平洋や北極海にまで進出した。

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です