カール5世 (神聖ローマ皇帝、スペイン王)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/カール5世_(神聖ローマ皇帝)

https://en.wikipedia.org/wiki/Charles_V,_Holy_Roman_Emperor

https://es.wikipedia.org/wiki/Carlos_I_de_España

https://www.y-history.net/appendix/wh0903-015.html

ハプスブルク家第3代神聖ローマ帝国皇帝(在位:1519年 – 1556年)

ハプスブルク家(分家)初代スペイン国王カルロス1世(Carlos I)(在位:1516年 – 1556年)

ブルゴーニュ公(1506年〜1555年)オランダの領主としてシャルル2世

1530年2月22日にイタリア王カルロ5世として戴冠し、2日後には教皇から戴冠された最後のローマ皇帝カロルス5世となった(1530年2月24日)

ドイツ諸侯連合と化していた現実の神聖ローマ帝国とは異なる、中世的・普遍的キリスト教帝国の理念(普遍君主制を真剣に信じていた。

ヨーロッパの領土は、神聖ローマ帝国オーストリア世襲地ブルゴーニュ低地を直接支配するドイツから北イタリア)とスペイン(ナポリシチリアサルデーニャ南イタリア王国)に広がる。

晩年は、チャールズ5世はアウクスブルクの平和を認め、1556年に彼の息子フィリップ2世が率いるスペインのハプスブルク家と、彼の兄弟フェルディナンドが率いるオーストリアのハプスブルク家の間で彼の世襲と帝国の領土を分割し、オーストリア(本家)とスペイン(分家)という二つのハプスブルク家に分裂した。

チャールズ5世の帝国は、彼のヨーロッパの領域から離れた海でピークを迎えた

ブルゴーニュ

1506年、チャールズはブルゴーニュのチャールズ2世の称号でオランダの領主として認められました。ブルゴーニュは、低地諸国を形成し、現代のベルギーオランダルクセンブルクをカバーする多数の領主で構成されたハプスブルクオランダが含まれていた。ブルゴーニュは経済的にも文化的にも非常に裕福で、祖国に非常に愛着があり、人生の大半をブリュッセルや様々なフランドルの都市で過ごした。


スペイン王国

コルテス(スペインポルトガルでかつて行われていた身分制議会

1527年にはカール5世のドイツ人傭兵達がローマで狼藉を働いたローマ劫掠は、結果的にカール5世の軍勢を恐れた教皇クレメンス7世がイングランド王ヘンリー8世の結婚無効の申請を却下し、イングランドのローマ教会からの離反へとつながった。


財政

人生のほとんどを戦争に費やし、プロテスタントの宗教改革から神聖ローマ帝国のカトリックの教義を守り、オスマン帝国のイスラム教徒の領域拡大への対抗、そしてフランスとの一連の戦争で、王室の財政収入を枯渇させ、後継者(フィリップ二世)に莫大な借金を残した。

スペインはハプスブルク家の進める戦争への財物供出を余儀なくされ、カスティーリャやアラゴンからの税収やインディオの奴隷労働によってポトシなどから収奪された金銀はスペインの為に使われる事はなく、ハプスブルク家の利害のために使われ諸外国に流出した

莫大な軍事費のためにドイツとイタリアの銀行家から借金し、その返済のために、ブルゴーニュ低地(オランダ)の三角貿易に頼る古い資本主義と、メキシコとペルーの植民地鉱山から産出される貴金属、特に銀に依存したため、大量の産出量と保有は世界的に広範なインフレを引き起こしました。

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です