ジェノヴァ共和国

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェノヴァ共和国#

1400年当時のジェノヴァ共和国の領土及び同国の経済的影響下に置かれた地域

ジェノヴァを中心にして1005年から1797年まで存在した都市領邦である。


都市領邦

中世ヨーロッパに成立した君主を中心とする半自立の支配圏。

西暦1000年頃から中世盛期の典型的な国家と、「古代以来見られなかった規模、安定性、能力、効率、領土範囲を達成した他の大規模な複雑な組織」を指す。


領土国家

特定の地域の王室の主権が封建領主に譲渡された結果、12世紀頃に出現した。

法的主権は、国家の主な特徴として必ずしも必要とされるわけではない。

個人的な組合として組織された旧領主とは異なり、主権は、王朝家族のメンバーシップやその他の個人関連の権利ではなく、その土地や領土に基づく地理的領域内での排他的・物理的な権力である。

ドイツでは領邦が徐々に自立を進めて国家の体裁を整えていき、17世紀半ばに一応の国家主権が認められた(領邦国家)。


ヴェストファーレン条約

1648年、ドイツにあるヴェストファーレン地域のミュンスターオスナブリュックという2つの都市と神聖ローマ帝国が、三十年戦争に終止符を打つ平和条約である。

30年戦争は、カトリック教徒のハプスブルク家とそのカウンターパートのプロテスタントとの間に宗教的な対立をもたらした。

この戦争の終結により、多くの国が独立を主張し、いくつかの領土国家が主権を獲得した。国家として宗教を遵守するのではなく、独自の公式宗教を選択する独立国家としての権利が含まれていた。

今日では、国連欧州連合などの地域国家などの国際機関の導入により、領土国家は崩壊すると考える人もいますが、そうではありませんでした。これとは別に、新しい経済的、心理的、技術的進歩は、潜在的に領土国家の終焉をもたらす可能性のある領土国家に新たな問題をもたらしました。

19世紀後半にドイツ統一が果たされると国家主権は失われ、その後もドイツ帝国を構成する諸邦としての地位を認められたが、その地位も1918年ドイツ革命によって完全に否定されることになる。

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です