パンとビールの公定価格法

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/イギリスのビール

https://en.wikipedia.org/wiki/Assize_of_Bread_and_Ale

紀元前55年になると、共和政ローマジュリアス・シーザーブリテンに侵攻し、イギリスは5世紀初頭まで古代ローマの統治下におかれることになる。

この時代、ローマ人がワインを飲んでいたこともあり、文献にエールが登場することはほとんどない[3]

ただし、寒冷なイギリスではブドウの育成が行えず、ワインは大陸から運ばれてくる高級酒であるため、一般庶民が飲んでいたのは引き続きエールであった。

5世紀になるとアングロ・サクソン人がイギリスへ侵攻して移住し、この頃のエールは生活必需品であり、各家庭に伝統の製法があり、娘が嫁として嫁ぐ際には、嫁入り道具に伝統の製法とエール仕込みに使われる鍋があったほどである。

1260年代には、ヘンリー3世が『パンとビールの公定価格法英語版)』を公布し、ビール、エールの公定価格を定めた。

中世最盛期のイングランドの13世紀の法律で、町、村、集落で製造および販売されているパンビールの価格、重量、品質を規制しました。食品の生産と販売を規制する英国史上最初の法律でした。

ビール、エールの販売価格は「大麦1クォートあたり2シリングから4シリング」と定められており、大麦の販売価格が6ペンス増減すると、それに応じてビール、エールの販売価格も引き上げ、または引き下げされることが定められている。

この法律は、王室が購入する価格を規制したヘンリー2世ジョンの治世からの宣言にまでさかのぼることができます。

穀物の価格が変動したにもかかわらず、パンの価格は常に同じでした。代わりに、穀物の価格が上昇すると、それに応じてパンの重量が減少しました。小麦の価格が上昇するたびに、パンの重さが下がった。

この法律は競争を減らしヘンリー3世の前任者のいくつかの条例を受け入れ、コベントリーのパン屋の要請で与えられたと言われています

この法律は、1822年と1836年のパン法によって改正され、パンはポンドまたはその倍数で販売されるべきであると規定され、最終的に1863年制定法改正法によって廃止されました。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です