ジャコバイト蜂起

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_Scotland

ジャコビティズム

https://en.wikipedia.org/wiki/Jacobitism

スチュアート家の上級系統の英国王位への回復を支持する政治運動でした。この名前は、ラテン語ヤコブスと訳されるジェームズ2世と7世のファーストネームに由来しています


王政復古・名誉革命

1660年、王政復古によりスチュアート朝チャールズ二世がイングランド王に復位した。1665年、その弟ジェームズ二世が即位する。

1688年、名誉革命(栄光の革命)の後にジェームズが亡命したとき、イングランド議会は彼がスコットランド条約エステート条約スコットランド議会の姉妹機関)に基づき王位を「放棄した」と判断した。そしてジェームズのプロテスタントの娘メアリー2世と彼女の夫ウィリアム3世をイングランド王国の王位に就けた。

しかしスコットランド王国ではジェームズは王位を「放棄した」わけではないため、エステート条約による議会はジェームズの王位を「没収」し、メアリー2世ウィリアム3世をスコットランド王位に就けた。

イングランド議会は、王の神聖な権利の原則はなく、君主は神ではなく議会から正当性を得ることができるとして、王権神授説を否定した。


第一次ジャコバイト蜂起

1660年のスコットランド王政復古英語版)後、チャールズ2世の政府は監督制を強いていたが、1688年、ウィリアム3世スコットランド聖公会(カトリック)の監督制を支持せず、長老派教会(カルヴァン派)が再び復活した。

第一次ジャコバイト蜂起(1689年)は、1690年の和解法によってカーク(教会)からカトリック司教の最終的な追放につながったが、ウィリアム3世はイングランド国教会からスコットランドの監督制を支持するよう圧力をかけられた。

その結果、監督制は廃止されたがスコットランド国教会(長老教会)はより中道的な形で設立された。

しかし、ハイランドの代表180名は全員出席せず、スコットランド国教会で多くの分離運動が行われる原因となった

1707年、スコットランドとイングランドは統一されて、グレートブリテン王国となる。

そして、1712年に改めて「スコットランド聖公会」として分離・設立され、スコットランド教会の対立は沈静化している。


第二次ジャコバイト蜂起

https://ja.wikipedia.org/wiki/1719年ジャコバイト蜂起

1719年の蜂起は、はスペイン王国の支持を得たスコットランドにおけるジャコバイトの蜂起である。

ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートのグレートブリテン王復位を目論んだが、スコットランドでの蜂起のみが勃発した。


第三次ジャコバイト蜂起

1745年、第三次ジャコバイトの蜂起が始まった。

オールド・プリテンダーの息子であるチャールズ・エドワード・スチュアートは、しばしばボニー・プリンス・チャーリーまたはヤングプリテンダーと呼ばれ、アウター・ヘブリディーズエリスカイ島に上陸しました。

いくつかの氏族が熱狂的に彼に加わった。

当初、彼は成功し、エジンバラを占領し、プレストンパンズの戦いでスコットランドで唯一の政府軍を破った。

ジャコバイト軍はイングランドに進軍し、カーライルを占領し、ダービーまで南に進んだ。

しかし、イギリスがローマカトリックのスチュアート君主を支持しないことがますます明らかになった。ジャコバイトの指導部は自信の危機に陥り、2つのイギリス軍が閉鎖され、ハノーバー軍が大陸から戻り始めたので、彼らはスコットランドに撤退しました。

ホイッグ党の支持者が結集し、エジンバラの支配権を取り戻すにつれて、スコットランドでのチャールズの地位は悪化し始めた。

スターリングへの試みに失敗した後、彼はインヴァネスに向かって北に後退した。彼はカンバーランド公爵に追われ、1746年4月16日にコロデンで疲弊した軍隊と戦い、そこでジャコバイトの大義は粉砕された。

チャールズは1746年9月までハイランダーの助けを借りてスコットランドに隠れ、その後フランスに逃げました。

彼の支持者に対する血なまぐさい報復があり、外国勢力はジャコバイトの大義を放棄し、亡命裁判所はフランスを離れることを余儀なくされた。

オールドプリテンダーは1760年に亡くなり、ヤングプリテンダーは正当な問題なしに1788年に亡くなりました。

彼の兄弟、ヨークの枢機卿ヘンリーが1807年に亡くなったとき、ジャコバイトの原因は終わりました。

カテゴリー: others政治歴史

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です