車買い替え

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://car.motor-fan.jp/catalog/MAZDA/10252021/201202

現行 MAZDA CX-5 2012式

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2012/201202/120216a.html

2013年、1年落ち試乗車(DX Lパッケージ、BOSE仕様)

https://car.motor-fan.jp/catalog/MAZDA/10252021/10084766

車重 1530キロ

最高出力175ps(129kW)/4500rpm
最大トルク42.8kg・m(420N・m)/2000rpm

現行 CX-5

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

車重 1620キロ

147kW〈200PS〉/4,000rpm
最大トルク450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm
WLTCモード燃費(国土交通省審査値)※1 ※22WD 17.4/19.5km/L、4WD 16.6/18.7km/L

アクア

https://toyota.jp/aqua/grade/equipment/

車重 1,130キロ

燃費 33.6*14(34.3*14/36.0*14/31.8*14

馬力 67(91)/5,500

トルク 120(12.2)/3,800〜4,800


ハスラー

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

馬力(ターボ) 49(64PS)/6,000 →  CX5 200PS/4000rps

トルク(ターボ)58(98)N・m/5000(3000)

→ CX5 420N・m/2000rps

燃費(ターボ) 25(22)

車重 820キロ


タフト(右、ターボ)

52/6900、64/6400

60/3600、100/3600

21.4 km/L、21.3 km/L

830キロ、840キロ


馬力とトルクの違い

トルクとは、クランク軸とペダルとの距離を15cm、ペダルを踏みこむ力を20kgだと仮定すると、以下のような計算式になります。

0.15[m]×20[kg]=3[kgf・m]

トルクを大きくするには、ピストンの上下運動が大きいロングストロークエンジンが適しています。

馬力とは時間単位の仕事量を表す単位で、蒸気機関を発明したジェームズ・ワットによって定められました。1馬力は、75kgの重さの物を1秒間のうちに1m引き上げるのに必要な力のことです。

馬力とは時間単位の仕事量、1分間あたりの総出力トルクのことで、「トルク×回転数」で求められます。

車の速度に大きく関係しており、エンジンの回転数が高い、あるいは、回転数が固定されていても排気量が大きい(トルクが大きい)エンジンであるほどパワー(馬力)が大きいということです。

トルクが稼げて排気量の多いロングストロークエンジンは回転数が上がりにくい。

回転数を高くできるショートストロークエンジンはトルクが稼ぎにくいため排気量も小さくなる。

トルクが大きい車ほど加速が良いですが、高回転型のエンジンだと「低速がスカスカ」に感じられやすく、かなりの回転数まで回さない限り最大トルクが発生しない。

逆にトルクが低い車の場合、回転数を上げない限り出力も上がらないので遅いですが、最大トルクの発生する回転数まで回せば、高い出力によって「回すと楽しいエンジン」になるでしょう。

日産 GT-Rに搭載されているVR38DETTエンジンの主要スペックは、最高出力357kW(485ps)/6,400rpm、最大トルク588Nm(60.0kgf・m)/3,200-5,200rpmです。

147kW〈200PS〉/4,000rpm
最大トルク450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm
WLTCモード燃費(国土交通省審査値)※1 ※22WD 17.4/19.5km/L、4WD 16.6/18.7km/L
C X -5

カテゴリー: othersクルマ

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です