神聖ローマ帝国

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/神聖ローマ帝国

https://en.wikipedia.org/wiki/Holy_Roman_Empire

https://de.wikipedia.org/wiki/Heiliges_Römisches_Reich

ドイツ国家の神聖ローマ帝国(Latin Sacrum Imperium Romanum Nationis Germaniae)は、中世後期から1806年まで、10世紀以来の正式名称でした世紀の既存のローマ・ドイツ皇帝の支配。

この名前は、古代のローマ皇帝の後継者であり、神の聖なる意志に従って、キリスト教の普遍的で世俗的な頭、すなわちヨーロッパの他のすべてのの上に立つという彼の中世の支配者の主張に由来しています。

1871年に設立されたドイツ帝国と区別するために、ローマ・ドイツ帝国または旧帝国[2]とも呼ばれます。

神聖ローマ帝国[17]は、1512年以降のドイツ国家の神聖ローマ帝国としても知られ、西中央南ヨーロッパの政治的実体[18]であり、中世初期に発展し、ナポレオン戦争中の1806年に解散するまで続いた。

800年12月25日、教皇レオ3世フランク王シャルルマーニュ(チャールズ大王、カール一世)をローマ皇帝として戴冠し、476年の初期の古代西ローマ帝国崩壊から3世紀以上後、西ヨーロッパで称号を復活させた。

貧民階級出身者であるレオ3世に対して反発する者も少なくなく、799年には暗殺者に襲われて危うかったところを、かろうじて脱出してアルプスを越え、フランク王国カール1世(大帝)のもとへ逃げ込んだ。

そしてカール1世の保護を受けてローマ教皇としてローマに戻った後、カール1世に受けた恩や東ローマ帝国庇護下にある東方教会と対抗するという経緯、およびローマ皇帝の座が797年より空位であるとみなされていた[1][2]事情から、ローマ皇帝コンスタンティノス6世の後継者として、800年12月のクリスマスの日、サン・ピエトロ大聖堂でのミサの最中、カール1世にローマ皇帝[3][4]の帝冠を授けた。

ここに西欧の大実力者とローマ教皇の提携という、西欧の新たな歴史が花開くこととなったのである。

カテゴリー: othersローマ帝国歴史

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です