マルクス・トゥッリウス・キケロ

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/マルクス・トゥッリウス・キケロ

https://en.wikipedia.org/wiki/Cicero

紀元前106年1月3日[1] – 紀元前43年12月7日[2])は、共和政ローマ末期の政治家弁護士[3]文筆家哲学者

ローマ帝国の設立につながった政治危機の間に楽観的な原則を支持しようとした。内戦ジュリアス・カエサルの独裁政権によって特徴づけられた紀元前1世紀の混沌とした中期に、キケロは伝統的な共和制政府への復帰を擁護した。

外国と共謀しローマ共和国を打倒する陰謀(カティリーナの陰謀)から国家を救うなど活躍し、入ることを熱望していたオプティマテス寄りの論陣を張って、ガイウス・ユリウス・カエサルオクタウィアヌスらを食い止めようと試みたが叶わなかった。

ラテン語に対する彼の影響は計り知れないものだった。彼は生きている間に存在したことが知られている現存するラテン文学の4分の3以上を書き、その後の散文は、ラテン語だけでなく、19世紀までのヨーロッパ言語で、彼のスタイルに対する反応または彼のスタイルへの回帰のいずれかであったと言われています。

キケロの哲学への関心は、彼の後のキャリアに大きく影響し、ラテン語で哲学的な語彙を作成するなど、ローマの聴衆にギリシャ哲学の包括的な説明を提供することにつながった。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です