デモクリトス

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/デモクリトス

紀元前460年頃-紀元前370年頃)は、古代ギリシア哲学者

原子論を中心とする彼の学説は、古代ギリシアにおける唯物論の完成であると同時に、後代のエピクロス及び近代の自然科学に決定的な影響を与えた。

プラトンやアリストテレスの学説に比べてデモクリトスの学説は当時あまり支持されず、彼の著作は断片しか残されていない。プラトンが手に入る限りのデモクリトスの著作を集めて、すべて焼却したという伝説もある。

それに対して、セネカキケロなどの古代ローマの知識人にはその鋭敏な知性と魂の偉大さを高く評価されている。

もっともドルトンやラヴォアジエ以降の近代的な原子論は、デモクリトスの古代原子論と全く同一という訳ではない。ただし「原子」と「空虚」が存在するという意味において、デモクリトスの原子論は現代の原子論とも共通するとされる


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です