ジェーン・グレイ(チューダー朝第4代)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://en.wikipedia.org/wiki/Lady_Jane_Grey

1553年6月、エドワード6世は遺言を書き、ジェーンと彼女の男性の相続人を王冠の後継者として指名しました。

1547年反逆法英語版)では継承法で定められた継承順位を乱すことは大逆罪に当たるとしたが、エドワード6世はその法をすり抜けて1553年6月21日に「継承のための遺贈」(: Devise for the Succession)という特許状を発行してメアリーの代わりにジェーン・グレイを後継者に指名した。

特許状は、彼の異母姉妹であるメアリーとエリザベスを、彼らの違法性のために継承ラインから削除し、第三次継承法に基づくメアリーとエリザベスの継承順位の主張を覆しました。

彼の異母妹メアリーはカトリック教徒であり、ジェーンは献身的なプロテスタントであり、エドワードが基礎を築いた改革されたイングランド教会を支持しました。

父は初代サフォーク公爵ヘンリー・グレイ、母は同公爵夫人フランセス・ブランドン。母方の祖母がヘンリー8世の妹でプロテスタントのメアリー・テューダーだったことがジェーンの王位継承権の根拠となった。

エドワードの死後、ジェーンは1553年7月10日に女王と宣言され、ロンドン塔で戴冠式を待っていた。

イングランド史上初の女王として即位したが、イングランド枢密院は突然立場を変えた。

メアリーへの支持は急速に成長し、ジェーンの支持者のほとんどは彼女を見捨て、1553年7月19日にメアリーを女王と宣言した。

メアリーを支持する民衆がこのように蜂起したのは、ヘンリー8世の遺言では王位継承権がエドワード、メアリー、エリザベスの順にあったのにもかかわらず、これを継いだエドワード6世の遺言ではこの異母姉2人を差し置いて、プロテスタントであるという理由で従姪のジェーンが後継者に指名されていたことから、(彼はメアリーが彼の治世中に起こったプロテスタントの改革を逆転させるだろうと正しく想定していた)、それがエドワード6世の真意であることを疑い、ジェーンがノーサンバランド公の傀儡になることを危惧したためといわれている。

エドワード6世の遺言の真偽は別として、少なくともそれを理由に民衆の蜂起を煽ったメアリーの作戦勝ちだった。そして彼女は「イングランドで初めて広く国民に支持された女王」になったのである。

在位わずか9日間でメアリー1世により廃位され、その7か月後に大逆罪斬首刑に処された。

ただし、イギリス王室はジェーンをテューダー朝第4代の女王として公式に歴代君主の一人に数えている[2]


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です