救貧法

投稿者: きくずみん 投稿日:

イングランドの救貧法

https://ja.wikipedia.org/wiki/救貧法

宗教改革の波及

宗教改革は、裕福な者が自発的に貧しい者を救うというカトリック教会の救貧のありかたを一変させた。

マルティン・ルター1520年に発表した『ドイツ貴族に与える書』で「怠惰と貪欲は許されざる罪」であり、怠惰の原因として物乞いを排斥し、労働を「神聖な義務である」とした。

都市が責任を持って『真の貧民』と『無頼の徒』を峻別して救済にあたる監督官をおくことを提唱した。

カルヴァンは『キリスト教綱要』でパウロの「働きたくない者は食べてはならない(新約聖書テサロニケの信徒への手紙二」3章10節[1])」という句を支持し、無原則な救貧活動を批判した。

こうした思想はイングランドにも持ち込まれ、囲い込みなどによって増えつつある貧民への視線は変わりつつあった。

囲い込み〜ノーフォーク農法などの高度集約農業の導入のために、細かい土地が相互に入り組んだ混在地制における開放耕地 (Open Field) を統合し、所有者を明確にした上で排他的に利用すること。囲い込みによって仕事を奪われた農民が労働者となり、産業革命に労働力を供給した

修道院が解体され、困窮者がその慈善活動に頼れなくなり、貧困救済者のいくつかの試みが失敗に終わった後、エリザベス一世時代の1601年に救貧法が制定された。

国富論第十章第二節

エリザベス救貧法の内容

  • 無力な貧しい人々(働けない人々)は、施し屋貧しい家で世話をされることになっていた。この法律は、働くことができない人々に救済を提供しました:主に「ラメ、無力、年老い、盲目」でした。
  • 健康な貧しい人々は、産業の家で働くことになっていた。貧しい人々が働くための材料が提供されることになっていた。[9]
  • 怠惰な貧乏人や浮浪者は、矯正の家や刑務所に送られることになっていた。[5]
  • 貧乏な子供たちは見習いになるだろう。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です