https://en.wikipedia.org/wiki/Mary,_Queen_of_Scots

https://ja.wikipedia.org/wiki/メアリー_(スコットランド女王)

16世紀のスコットランド女王メアリー1世。

注)イングランド・メアリー女王(チューダー朝第5代)とは別人。

当時スコットランドはフランスと同盟してイングランド王テューダー朝ヘンリ8世と戦っていた。

イングランド国教会(1534年)

カトリック信者でフランス王フランソワ2世の王妃(1558年)となったが死別。

スコットランドに戻ったがローマ・カトリック信者であったためスコットランドの長老派教会と対立、カルヴァン派の政権によって王位を追われイングランドに亡命。

ローマ・カトリック信者であることとエリザベス1世の王位継承権を脅かすものとしてれ19年間の幽閉の後、1587年に処刑された。

同時代のイングランド女王エリザベス1世と比較されることが多いが、子孫を残さなかったエリザベス1世に対し、メアリーの血はイングランド王国スチュアート朝として連綿として続き、以後のイングランド・スコットランド王、グレートブリテン王、連合王国の王は、すべてメアリー=スチュアートの直系子孫である。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です