ジェームズ2世(スチュアート朝#4)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ2世_(イングランド王)

https://en.wikipedia.org/wiki/James_II_of_England

イングランド王アイルランド王であり、1685年2月6日の兄チャールズ2世の死からジェームズ7世[4]としてスコットランド王でした。彼は1688年の名誉革命で廃位した。彼はイングランドスコットランドアイルランドの最後のカトリック君主でした。

彼の治世は現在、主に宗教的寛容をめぐる紛争で記憶されていますが、絶対主義の原則と王の神聖な権利をめぐる闘争も含まれていました。

彼の宣誓供述は、王冠に対する英国議会の優位性を確認することで、イングランドでの1世紀の政治的および内戦を終わらせた。


王政復古期(1660年 – 1685年

1649年三王国戦争に敗れた父(チャールズ1世)は議会派に処刑され、王党派はジェームズの兄チャールズ2世を次期国王に推した。

チャールズ2世はスコットランドとアイルランドでは王として認められ、スコットランドのスクーン1651年に戴冠した。しかし共和政イングランドステュアート家を敵視しており、イングランド王位を得ることはかなわなかった

さらにオリバー・クロムウェルによってスコットランドは制圧され、ステュアート一族はフランスに亡命した。

兄弟は復位の可能性を求めて列強の国々を巡ったが、三十年戦争などで疲弊したヨーロッパ諸国に兄弟を助ける余力などなく、むしろ護国卿政イングランドと友好関係を築こうとさえしていた。

1656年、チャールズは代わりにフランスの敵であるスペインに支援を向け同盟を結んだ。その結果、ジェームズはフランスから追放された。


ローマ・カトリック信仰

1660年に護国卿政のイングランド連邦が崩壊した後、チャールズ2世はイギリスの王位に復帰した。ジェームズは推定相続人でしたが、チャールズはまだ子供を養うことができる若者だったので、彼が王冠を相続する可能性は低いようでした

イングランド国教会

ヨーク公ジェームズがローマ・カトリック信仰になったのは1668年から1669年、35歳前後のころと考えられている。議会は、ルイ14世のカトリック寄りの政策は、カトリックが王につくと議会・法を無視して絶対王政に走るという偏見を助長し、1673年改正審査法を成立させたが、ジェームズは海軍総司令官の職を続けるにあたって、これらの手続きを求められ、拒絶して職を辞した。

1677年、議会の反カトリック圧力を受け、ジェームズは長女のメアリー(後のメアリー2世)をプロテスタントの甥オラニエ公ウィレム3世(後のウィリアム3世)に娶せ、自身もネーデルランドに移住、スコットランドで王位継承の根回しを進めるとともに、スコットランドでのジェームズの人気を確保した。

反カトリック・反ジェームズの急進派(後にホイッグと呼ばれる)は、合法的な手段でジェームズの王位継承を阻止することが不可能と判断した。この当時、カトリックではあっても血筋正しいジェームズが王であるべきだという保守派(後にトーリーと呼ばれ、ホイッグと並び二大政党制の基礎となる)も少なからず存在した。


名誉革命の2つの原因

1688年6月、2つの出来事が反対意見を危機に変えた。

第一に、ジェームズの息子と相続人ジェームズ・フランシス・エドワードの誕生は、ローマ・カトリック政権が続くであろうことが明白となった。

イングランド聖公会の娘メアリーと彼女のプロテスタントの夫オレンジのウィリアム3世を継承のラインから除外することになった。

第二に、信仰自由宣言を発して国教会礼拝で宣言を読み上げるようにという命令を下した時に、七人の司教が請願を提出したが、ジェームスは扇動的な名誉毀損のための7人の司教の起訴した。

この起訴は、イングランド国教への攻撃のさらなる証拠と見なされ、6月30日の彼らの無罪判決はイングランドでのジェームスの政治的権威は失墜した。

急進派の幾人かが密かにオランダのオラニエ公ウィレム3世と連絡をとり始めていた。ウィレム3世はジェームズ2世の甥で、娘メアリーの婿でもあった。急進派の間ではカトリック絶対主義の強国フランスの専制君主ルイ14世と戦うプロテスタントの英雄と目されており、イングランド王位を引き継がせるには絶好の相手であった。

11月5日にウィレム3世がアルマダの海戦1588年、対スペイン)を凌ぐ5万の軍勢を従えて何の抵抗も受けずに上陸、ほとんどのイングランド貴族がウィレム3世に寝返り、次女アンジョージの夫妻が彼らの手引きでオランダ軍に投降するに至り、ジェームズ2世は自らの敗北を悟って国璽テムズ川に投げ捨て、フランスに再亡命した。

1689年1月22日に招集された。[132]議会が彼を退位させることを拒否したが、彼らはフランスに逃げてテムズ川に大印章を落としたジェームズが事実上退位し、それによって王位が空席になったと宣言した。[133][g]この空席を埋めるために、ジェームズの娘メアリーは女王と宣言された。彼女は王になる夫ウィリアムと共に、イングランドはウィリアム3世メアリー2世による共同統治が始まった(「ウィリアムとメアリー」)。


権利章典

ジェームズの権力の濫用として、テスト法の停止、単に王冠に請願した7人の司教の起訴、常備軍の設立、残酷な罰の賦課が含まれていたことを非難し、王室の権威に対する多くの制限を宣言した。

宣言は、1689年後半に制定された権利章典の基礎でした。法案はまた、今後、ローマカトリック教徒は英国の王位に就くことは許されず、英国の君主はローマカトリック教徒と結婚することもできないと宣言した。


後のハノーバー継承

ジェームズの息子は、彼の支持者には「ジェームズ3世と8世」、敵には「オールドプリテンダー」として知られていました。

ジェームズの娘アンは、ウィリアムが1702年に亡くなったときに復帰しました。和解法は、権利章典で確立された継承ラインが消滅した場合、王冠はドイツのいとこ、ソフィア、ハノーバーのエレクトレス、そして彼女のプロテスタントの相続人に行くことを規定しました。

ソフィアはジェームズ6世と私の孫娘で、彼の長女エリザベス・スチュアートチャールズ1世の妹でした。したがって、アンが1714年(ソフィアの死後2ヶ月未満)に亡くなったとき、彼女はソフィアの息子、ハノーバー選帝侯、アンの2番目のいとこであるジョージ1世に引き継がれました。156]


ジャコバイド

その後の蜂起と偽者

ジェームズの息子ジェームズ・フランシス・エドワードは、フランスのルイ14世とジェームズの残りの支持者(後にジャコバイトとして知られる)によって父親の死で王として認められました。(ジェームズ3世と8世)

彼はジョージ1世の即位直後の1715年にスコットランドで蜂起を率いたが、敗北した。

ジャコバイト1745年にジェームズ2世の孫であるチャールズ・エドワード・スチュアートに率いられて再び上昇し再び敗北、スチュアート王朝を回復するための最後の真剣な試みでした。

チャールズの主張は、ローマカトリック教会の枢機卿団の学部長である弟のヘンリー・ベネディクト・スチュアートに引き継がれました。

ヘンリーはジェームズ2世の最後の正当な子孫であり、1807年の彼の死以来、ジャコバイトの主張を公に認めた親戚はいません。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です