ウィリアム三世(スチュアート朝#5)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ウィリアム3世_(イングランド王)

https://en.wikipedia.org/wiki/William_III_of_England

オレンジの王子・オラニエ公(Prins van Oranje)

オレンジの王子、オランダの王位の男性相続人に与えられた称号

現在の南フランスにあるオレンジ公国に関連しており、その後オランダの主権者によって保持されている称号です。

メアリー2世は従妹かつ妻であり、共同統治した。オラニエ=ナッサウ家の出身であるが、ステュアート朝のイングランド王の1人に数えられている。

プロテスタントのウィリアムは、ヨーロッパのプロテスタントとカトリックの両方の権力と連合して、強力なカトリックの支配者ルイ14世に対するいくつかの戦争に参加しました。

多くのプロテスタントは、彼らの信仰のチャンピオンとしてウィリアムを予告した。

1685年、カトリックの叔父で義父のジェームズはイングランド、スコットランド、アイルランドの王になりました。

ジェームズの治世は、カトリックの復活を恐れたイギリスのプロテスタントの多数派に不評だった。

影響力のある英国の政治的および宗教的指導者のグループに支援されたウィリアムは、栄光革命として知られるようになったイギリスに侵攻しました。

1688年、彼は南西部のイングランド港ブリクサムに上陸し、ジェームズはその後まもなく退位した。

1707年 イングランド・スコットランド正式に合併し、グレートブリテン王国成立。

王政復古で即位したチャールズ2世やジェームズ2世時代のイングランドは、太陽王ルイ14世が支配するフランスの衛星国のような存在だった。

ところがウィリアム3世はオランダをフランスの侵略から守るために、大同盟戦争でイングランドを反フランス路線に引き込んだ。

そもそも名誉革命自体が、この目的のためにイングランドの政治的混乱に乗じた、ウィリアム3世の軍事侵攻による政変劇に過ぎないとする見方がある。


シュタットホルダーレス期間

最初のStadtholderless期間は、オランダの7つの州のうち5つでStadtholderのオフィスが空いていたオランダ共和国の歴史の時代です。それは共和国の黄金時代の絶頂と一致した。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です