分業によって同じ人数が働いたときの生産量が大幅に増加するのは、三つの要因のためである。

第一に、個々人の技能が向上する。

第二に、一つの種類の作業から別の作業に移る際に必要な時間を節減できる。

第三に、多数の機器が発明されて仕事が容易になり、時間を節減できるようになって、一人で何人分もの仕事ができるようになる。

国富論 第一編 第一章 a.5


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です