2023/03/29、WBS

国会答弁、岸田総理から同じ答えが返ってきた。
国会での議論は不要に見える
岸田総理の考えが浅はかなのか
質問の仕方が悪いのか

国会は立法機関

法案についてchatGPT答えて、最後に国会議員の賛否をとって多数決で議決、オンラインでも可能、国会議事堂不要

#国会答弁の本質

岸田総理本人が現実に答弁したことが議事録に記録されるところに国会答弁の意義がある

法的責任ではなく、答弁に総理が責任を持つことによる国民に対する政治責任

chatGPTの設計会社に法的責任を追求できるかもしれないが、国民に選ばらたわけではないので、政治責任は追求できない

ChatGPTが答えていたのでは、国会の本質を忘却、開催する意味は全くなし

ChatGPTを実際に国会答弁で利用するのはナンセンス、質問側も回答する側も法案審議の事前準備、シミュレーターとして活用

トップガン「考えるな、行動しろ」考える時間が省ける

カテゴリー: othersWBS

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です