エルモア・ジェームス

投稿者: きくずみん 投稿日:

Elmore James、1918年1月27日 – 1963年5月24日)は、アメリカ合衆国のブルース・ギタリスト。エレクトリック・ギターによるボトルネック奏法を主とした野性的な音を特徴とし、後のロック・ギタリストたちにも影響を与えた。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」(2011年)において第30位。
略歴[編集]
ミシシッピ州ホームズ郡リッチランド生まれ。10代の頃から「クリーンヘッド」「ジョー・ウィリー・ジェームス」などの名前で音楽活動を始め[1]、サニー・ボーイ・ウィリアムソンII、ハウリン・ウルフ、ロバート・ジョンソンらと共演した。


1951年に「ダスト・マイ・ブルーム」[2]がヒット。同曲は、ブルース・ロックのミュージシャンによるアルバムにおいてカバーやライブで演奏されることが多い。曲の冒頭で聴かれる彼のワイルドな3連スライド・ギターリフは他のブルース曲にも借用される。

またドゥーワップ・ミュージシャンのジェシー・ストーンズの曲「Down in the Alley」でも多少変化させたリフが借用されている。なおエルヴィス・プレスリーは、この「Down in the Alley」をレコーディングしている。
1963年にシカゴで心臓発作により死去。


エルモア・ジェームズ(néブルックス、1918年1月27日-1963年5月24日)[1]は、アメリカのブルースギタリスト、シンガー、ソングライター、バンドリーダーでした。2]大きな増幅と感動的な声の使用で有名で、ジェームズは1992年にロックンロールの殿堂入りを果たしました。[3]彼のスライドギターのテクニックは、彼に「スライドギターの王様」というニックネームを獲得しました。

伝記[編集]

エルモア・ジェームズは、ミシシッピ州ホームズ郡リッチランドで、フィールドハンドである15歳のレオラ・ブルックスの息子として生まれました。4]彼の父親はおそらくジョー・ウィリー「フロスト」ジェームズ[1]で、レオラと一緒に引っ越し、エルモアは彼の姓を取った。彼は12歳で、小屋の壁に張られたシンプルな一弦楽器(ジドリーボウ、またはジッターバグ)を使って音楽を作り始めました。[1] 10代の頃、彼はクリーンヘッドとジョー・ウィリー・ジェームズという名前でダンスに出演しました。[4]

ジェームズはロバート・ジョンソン[1]、ココモ・アーノルド、タンパ・レッドの影響を受けた。彼はタンパ・レッドの曲をいくつか録音した。彼はまた、タンパレッドのバンドから、彼自身のバッキングバンド、ブルームダスターズ、「リトル」ジョニージョーンズ(ピアノ)とオディペイン(ドラム)に参加した2人のミュージシャンを継承しました。[4] 1930年代後半、ジェームズはソニー・ボーイ・ウィリアムソン2世と一緒に働いた。[4]

第二次世界大戦中、ジェームズはアメリカに加わった。海軍はコックスウェインに昇進し、グアム侵攻に参加した。[1] 退院後、彼はミシシッピ州中央部に戻り、養子の弟ロバート・ホルストンと一緒にカントンの町に定住しました。

彼は1951年1月に近くのジャクソンのトランペットレコードで録音を開始し、最初はソニー・ボーイ・ウィリアムソンIIと彼らの共通の友人ウィリー・ラブ、そしておそらく他の人のために再びサイドマンとして録音しました。[1] 彼は1952年に驚きのR&Bヒットだった「Dust My Broom」で8月にセッションリーダーとしてデビューしました。[2]彼のバッキングミュージシャンはBroomdustersとして知られるようになりました。[2]

ジェームズはトランペット・レコードとの契約を破り、初期のビハリの録音でギターとピアノを弾いたスカウトのアイク・ターナーを通じてビハリ兄弟[1]と契約した。彼の「I Believe」は1年後にヒットした。[2] 1950年代、彼はビハリ兄弟のフレア・レコード、メテオ・レコード、モダン・レコードのために録音しました。彼はまた、チェス・レコードとメル・ロンドンのチーフ・レコードのために録音しました。[5]彼はビッグ・ジョー・ターナーの1954年のトップ10のR&Bヒット「TVママ」でリードギターを演奏しました。[6]

1959年、彼はボビー・ロビンソンのファイア・レコードのレコーディングを開始し、「The Sky Is Crying」、「My Bleeding Heart」、「Stranger Blues」、「Look on Yonder Wall」、「Done Somebody Wrong」、「Shake Your Moneymaker」などをリリースしました。[2]

ジェームズは、その年のアメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバルでヨーロッパをツアーしようとしていた1963年にシカゴで心臓発作で亡くなりました[2]。彼はミシシッピ州エベネザーのニューポートバプテスト教会墓地に埋葬された。7] 山羊座レコードのフィル・ウォルデンは、ジェームズの墓のための花崗岩の墓石のための資金を調達しました。「スライドギターの王様」と書かれた墓石は、ギターを弾くジェームズのブロンズレリーフが特徴です。それは1992年にマウントザイオン記念基金が主催する落成式で明らかにされました。[8]

ジェームズは死後、1992年に「Early Influence」の殿堂入り者としてロックンロールの殿堂入りを果たしました。[3] 2012年、彼はエベネザーのミシシッピ・ブルース・トレイルでマーカーを授与された。

エイムズは、ブルースギタリストのホームシック・ジェームズ、ハウンド・ドッグ・テイラー、Jなど、多くのスライド奏者に影響を与えました。B.ハット。[4] 彼の単弦演奏はB.B.にも影響を与えた。キングとチャック・ベリー。[4]ロックギタリストのジミ・ヘンドリックス、ブライアン・ジョーンズ、ジェレミー・スペンサー、フランク・ザッパは、彼の影響力を認めている。[9][10] ビートルズの曲「For You Blue」では、ジョン・レノンがヘフナーのラップスチールギターでスライドソロを演奏します。[11] ジョージ・ハリソンは「Go, Johnny, go …エルモア・ジェームズはこれについて何も得ていない、ベイビー」[

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です