シカゴ・ブルース

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/シカゴ・ブルース

第二次世界大戦後、多くのブルースマンがアメリカ南部からシカゴへと移住した。そこではアコースティックギターではなく、発明されて間もないエレキギターを手にして歌うブルースマンが続々と登場。

シカゴブルース創世記の立役者マディ・ウォーターズを筆頭に、スライドの名手Hound Dog Taylor、さらにオーティス・ラッシュ、バディ・ガイといった顔ぶれで、のちのロックギタリストへとつながる礎が築かれた。

シカゴ・ブルースの誕生の背景には、第2次世界大戦時に増加したアフリカ系アメリカ人(黒人)の大移動がある。その流れを受けて1930年代から50年代にかけて、南部の州からシカゴへ多くのブルース・ミュージシャンが移住した。彼らは、故郷の南部のブルースを、北部の電気ブルースとして新たな息吹を吹き込んだ。彼らはライヴハウスを始め、マックスウェル・ストリート[注 2]などでも演奏を展開した。路上での演奏は、より大きな音の必要性をブルースマンに認識させ、これもシカゴ・ブルースがエレキ化、バンド化へ進んだ要因とも言われている。

マディ・ウォーターズ[1]、ハウリン・ウルフらはシカゴ・ブルースの代表的なミュージシャンである。初期のシカゴ・ブルースにおいては、主たるリード楽器はハーモニカであった。ギターはデルタ・ブルース同様、主に伴奏楽器として使用された。しかし50年代後半、マディよりも若い世代のオーティス・ラッシュ[注 3]バディ・ガイマジック・サムらの登場により、シカゴ・ブルースは新たな局面を迎える。彼らは、アコースティック・ギターにかわって、「エレクトリック・ギター」を前面に押し出した。そのサウンドは、シカゴのウェスト・サイドで主に演奏されたことから、ウェスト・サイド・ブルースなどとも呼ばれた。

1960年代に入ると、イギリスにおけるブルース・ブームなどと共に、ヨーロッパを始めより広範囲で注目されるようになり、シカゴのミュージシャンの活動の場も広がっていく。その流れの中で、シカゴ・ブルースも音の幅が広がっていった。ポール・バターフィールド・ブルース・バンドマイク・ブルームフィールドを始め、白人のプレイヤーも増えていった。エレクトリック・スタイルのブルース・バンドも増えてきたが、1960年代後半には、シカゴのブルース・シーンは下火になって行く。

世代交代ともに、シカゴのブルース・ミュージシャンも、かつての南部出身者層は少数派となり、都市部で生まれ育った音楽家が多くなっている。これに伴い、シカゴ・ブルースも多様化している。シカゴでは、バディ・ガイズ・レジェンズ、ローザス、アーティス・ラウンジ、キングストン・マインズといったブルース・クラブで連日、ブルースのライヴが展開されている。また例年6月には、米国最大のブルース・フェスティバルである「シカゴ・ブルース・フェスティバル」が開催されており、ブルースの街としてのシカゴの存在を世界にアピールしている。

レコード会社[編集]

シカゴのブルース・シーンは、1950年代の中頃迄にはサウス・サイドにコブラ・レコード、チェス・レコード[2]などがたちあがり、さらにシカゴに事務所を移転してきたデルマーク・レコードヴィージェイ・レコードも登場して、主要レーベルが出そろった。だが、1960年代末ごろまでにはほとんどのレーベルが、大手のレーベルに権利を譲渡するか閉鎖、移転などをしている。その後1970年代初頭に、かつてデルマークで働いたブルース・イグロアがたちあげたアリゲーター・レコードがブルース・ミュージシャンの支えとなり、アリゲーターはブルース音楽のレコード・レーベルとして存続している。

代表的なアーティスト[編集]

シンガー[編集]

ギタリスト[編集]

ベーシスト[編集]

ハーピスト(ハーモニカ)[編集]

ドラマー[編集]

  • フレッド・ビロウ

ピアニスト[編集]


シカゴブルースは、イリノイ州シカゴで開発されたブルース音楽の一種です。

デルタブルースなどの以前のブルースイディオムに基づいていますが、都会的なスタイルで演奏されています。

それは20世紀前半の大移動とともに発展した。

シカゴブルースをデルタブルースなどの以前の伝統と区別する主な特徴は、電化楽器、特にエレキギターの顕著な使用、特に歪みやオーバードライブなどの電子効果の使用です。

デルタブルースミュージシャンのソンハウスとロバート・ジョンソンの同僚であるマディ・ウォーターズは、1943年にシカゴに移住し、確立されたビッグ・ビル・ブルーンジーに加わり、独特のスタイルのブルース音楽を開発しました。

ウィリー・ディクソン、ハウリン・ウルフ、ジョン・リー・フッカーなどのアーティストが参加したシカゴ・ブルースは、1950年代後半から1960年代初頭までに国際的な聴衆に届き、チャック・ベリーやボー・ディドリーなどの初期のロックンロールミュージシャンの発展に直接影響を与えただけでなく、イギリスのブルースとエリック・クラプトン、ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリンなどのVee-Jay RecordsやChess Recordsなどの著名なレコードレーベルは、スタイルを促進し、広めるのに役立ちました。

シカゴ・ブルース・フェスティバルは、シカゴ・ブルースを保存し、促進する手段として、マディ・ウォーターズの死の記念日に1984年から毎年開催されています。

歴史[編集]

アーバンブルースは、グレートマイグレーション、または時には強制的で自発的なグレートノーザンドライブに続く古典的なブルースから、米国南部からシカゴなどの北部の工業都市へのアフリカ系アメリカ人に進化しました。

ビッグ・ビル・ブルーンジーとマディ・ウォーターズは、他の多くの人と同様に、より厳しい南部のジム・クロウ法から逃れて、その移住に直接加わりました。

アリゲーター・レコードの創設者であるブルース・イグラウアーは、「シカゴ・ブルースは工業都市の音楽であり、それについて産業感覚を持っている」と述べた。

さらに、ブルースの変化を認識し、シカゴのブルース歌手でギタリストのケビン・ムーアは、ブルースの移行を表明し、「新しい命、新しい血、新しい視点を入れなければなりません。あなたはミュールについて話し続けることはできません、堤防で働いています。」[1]

シカゴ・ブルースは、1940年代初頭にシカゴに旅行したミシシッピ・ブルースマンの影響を強く受けた。シカゴブルースは、エレキギターとハーモニカの音に基づいており、ハーモニカはPAシステムまたはギターアンプを介して演奏され、大幅に増幅され、しばしば歪みのポイントまで、ドラムとベース(最初はダブルベース、後にエレクトリックベースギター)のリズムセクションは、曲やパフォーマーに応じてピアノが付いています。

アーバンブルースはシカゴとセントで始まった。ルイスは、ストリートミュージシャンとして、家賃パーティー、黒人コミュニティの他のイベントで演奏するパートタイムミュージシャンによって作成された音楽として。

例えば、ボトルネックのギタリスト、ココモ・アーノルドは鉄鋼労働者であり、彼の音楽よりもはるかに収益性の高い密造酒ビジネスを持っていました。[2]

1950年頃のマクスウェルストリートブルースのパフォーマーと見物人

シカゴブルースの初期のインキュベーターは、国内最大の野外市場の1つであるマクスウェルストリートの野外市場でした。黒人コミュニティの住民は、何でも売買するために頻繁に訪れるだろう。ブルースミュージシャンが演奏したり、ヒントを得たり、他のミュージシャンとジャムしたりするのに自然な場所でした。

ブルースミュージシャンの標準的な道は、ストリートミュージシャンやハウスパーティーで始まり、最終的にはブルースクラブに向かうことでした。

シカゴの最初のブルースクラブは、主にサウスサイドの主に黒人地区にあり、いくつかはウェストサイドの小さな黒人地区にありました。テクノロジーの新しいトレンド、混沌とした通りやバーがエレクトリックミックスにドラムを追加し、新しいクラブ文化を生み出しました。

最も有名なものの1つは、常連客に「ザ・ゲイツ」として知られるルビー・リー・ゲートウッドの居酒屋でした。

1930年代には、事実上すべての有名アーティストがそこで演奏しました。[3]

ブルースを国際的な影響力に駆り立てたのは、パラマウント・レコード、RCAビクター、コロンビア・レコードなどのレコード会社のプロモーションでした。[4]そのようなレコード会社を通じて、シカゴブルースは商業企業になりました。新しいスタイルの音楽は最終的にヨーロッパとイギリスに届いた。

1960年代、若いイギリスのミュージシャンはシカゴ・ブルースの影響を強く受け、イギリスのブルース運動をもたらしました。

クリストガウのレコードガイド:70年代のロックアルバム(1981年)によると、シカゴブルースは、ロバート・クリストガウが「ポーキー・レナード・チェス」と表現したアリゲーター・レコードとその所有者ブルース・イグラウアーのおかげで、1970年代に最高のドキュメントを見ました。

シカゴ・ブルースの影響[編集]

シカゴ・ブルースは、初期のロック音楽に最も重要な影響の1つでした。チャック・ベリーはもともと、最も重要なシカゴ・ブルース・レコード・レーベルの1つであるチェス・レコードと契約した。ベリーはシカゴでマディ・ウォーターズと出会い、影響を受け、ウォーターズはチェスのオーディションを提案しました。ウィリー・ディクソンと他のブルースミュージシャンは、ベリーの初期のレコードのいくつかで演奏しました。[6] 1960年代初頭の英国では、ローリングストーンズ、[8]ヤードバーズ、アニマルズ(米国での英国の侵略と呼ばれる)などのビートグループ[7]は、シカゴのブルースアーティストの影響を強く受けました。[9][10][11] 最後の2人はソニー・ボーイ・ウィリアムソンIIのバッキングミュージシャンを務め、1963年と1964年にイギリスをツアーしたときに彼と一緒に最初のレコーディングをしました。[12] 同時に、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド(ハウリン・ウルフのバンドの2人のメンバーを含む)などのアメリカのアーティスト[13]ジョン・P.ハモンドとチャーリー・マッセルホワイトはシカゴ・ブルースのスタイルで演奏した。その後、クリーム、ロリー・ギャラガー[14]、オールマン・ブラザーズ・バンドもシカゴ・ブルースの曲の独自の解釈を追求し、ブルース・ロックの普及に貢献しました。

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です