ジェリー&ザ・ペースメイカーズ

投稿者: きくずみん 投稿日:

1963年のデビューシングル『恋のテクニック』から3作連続で全英チャート1位を獲得するなど、高い人気を獲得。そのデビュー曲決定の経緯やプロデューサージョージ・マーティン[2]マネージャーブライアン・エプスタイン[1]といった状況から、しばしばビートルズとの関連で名前が挙がる事がある。また、3作目のシングル『ユール・ネバー・ウォーク・アロン』ではイングランド母国の代表的スポーツであるサッカーとも関係が深い(後述)。

1963年3月、ビートルズのメンバーがリリースを拒んだ「恋のテクニック」がマーティンによってペースメイカーズに渡され[4][2]、デビューシングルとしてリリース。同年4月11日付けから3周連続で全英チャート1位となる[5]。その後5月にビートルズの「フロム・ミー・トゥ・ユー」に抜かれるが、6月に2作目シングル「I Like It」でフロム・ミー・トゥ・ユーを抜いて再び1位に上がるなど、ヒット・チャートで競い合う状態が続いた。3作目のシングルで、元々はミュージカル「回転木馬」の為の曲だった「ユール・ネバー・ウォーク・アロン」も10月31日付けから4週連続で1位を獲得[5]。この曲が地元のサッカークラブ「リヴァプールFC」の愛唱歌となり[6]、そこから世界中のサッカーファンに知られるようになった[6]

歴史

ジェリー・マースデンは1956年に弟のフレッド、レス・チャドウィック、アーサー・マクマホンと一緒にグループを結成した。

彼らはキャリアの早い段階でビートルズに匹敵し、ハンブルクとリバプールの同じ地域で演奏しました。マクマホン(アーサー・マックとして知られている)は、1961年頃にピアノでレ・マグワイアに置き換えられました。

グループの元の名前はGerry MarsdenとMars Barsでしたが、チョコレートMarsバーの生産者であるMars Companyが不平を言ったとき、彼らはこれを変更することを余儀なくされました。

バンドはブライアン・エプスタインと契約した2番目のバンドで、ブライアン・エプスタインは後にコロンビア・レコード(EMIの下でビートルズのレーベルParlophoneの姉妹レーベル)と契約しました。

彼らは1963年1月にミッチ・マレーによって書かれた曲「How Do You Do It?」で録音を開始しました。この曲はジョージ・マーティンによって制作され、英国でナンバーワンのヒットとなり、エプスタインが管理するリバプールグループがすべてのチャートでこれを達成した最初の曲となりました。

「どうやってやるの?」また、ビートルズによってしぶしぶ録音されました(彼らは最終的にマーティンを説得して、代わりに彼らの曲「Love Me Do」をシングルとしてリリースさせました)。

ジェリー・マースデンは次のように言ったと引用された。

ビートルズと私たち自身(ペースメーカーズ)-ステージに上がると、私たちは手放します。私は有害ではありませんが、南部では、グループが少しフォーマルになりすぎていると思います。マージーサイドでは、ビート、ビート、ビートです。私たちは進み、本当にボールを持っています。

ジェリーとペースメーカーズの次の2つのシングル、マレーの「I Like It」とロジャースとハマースタインの「You’ll Never Walk Alone」も英国シングルチャートで1位に達し、後者はビートルズの「Hello Little Girl」の代わりに録音されました。

「You’ll Never Walk Alone」は、彼が子供の頃にカルーセルを見て以来、マースデンのお気に入りでした。それはすぐにリバプールフットボールクラブ、そして後に世界中の他のスポーツチームの代表的な曲になりました。この歌はサッカーの賛歌のままです。

「I’m the One」が1964年2月に仲間のLiverpudlians The Searchersの「Needles and Pins」によって2週間トップの座から外れたとき、グループは4年連続のナンバーワンを僅差で逃しました。

この初期の成功にもかかわらず、ジェリーとペースメーカーは英国で別のナンバーワンシングルを持っていませんでした。マースデンは、「I’m the One」、「It’s Gonna Be All Right」、「Ferry Cross the Mersey」、そして彼らの最初で最大の米国のヒット曲「Don’t Let the Sun Catch You Crying」(Laurie 3251)など、ほとんどの曲を書き始めました。4.[1]

バンドはまた、マースデンがサウンドトラックの多くを書いた1965年初頭の映画「フェリー・クロス・ザ・マージー」で主演しました。この映画は「Gerry and the Pacemakers’ version of A Hard Day’s Night」と呼ばれることもあります。タイトル曲は1989年にヒルズボロのフットボールの群衆災害に対応したアピールのためのチャリティーシングルとして復活し、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのホリー・ジョンソンを含む他のリバプールのスターに関連して、マースデンに別の英国のナンバーワンを与えました。

米国では、彼らの録音は1963年に小さなニューヨーク市のレコードレーベルローリーによってリリースされ、成功せずに4枚のシングルをリリースしました。

ビートルズが1964年1月に突破したとき、ローリーの次のレギュラーシングルリリース「Don’t Let the Sun Catch You Crying」(ローリー3284)が大ヒットし、1964年、ローリーは「How Do You Do It?」と結合しました。

「You’ll Never Walk Alone」(Laurie 3261)、「I Like It」と「Jambalaya (On the Bayou)」(Laurie 3271)で成功を収めました。彼らは画期的なコンサート映画「T.A.M.I.」に出演した。1964年12月にリリースされたショーは、チャック・ベリーと一緒に演奏しました。

1965年後半までに、彼らの人気は大西洋の両側で急速に低下していた。彼らは1967年初頭から中旬に解散し、後に録音された資料の多くは英国でリリースされなかった。

ジェリー・マースデンは人気のあるキャバレーと子供向けテレビのエンターテイナーになりました。彼とピアニストのホセ・マクラフリンは、1972年にリバプールのミュージシャン、ビリー・キンズリーとピート・クラークと一緒にペースメーカーズを改革しました。

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です