ブラインド・レモン・ジェファーソン

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラインド・レモン・ジェファーソン

https://en.wikipedia.org/wiki/Blind_Lemon_Jefferson

music.apple.com

テキサス州カウチマンにアレックスとクラリーサ・ジェファーソンの7番目の子供として生まれた。生まれながらの盲目だった

彼らは女性に乱暴し、密造酒を売っていて、レモンは一晩中彼らのために歌っていました…彼は8時頃に歌い始め、朝の4時まで続けます…ほとんどの場合、彼はそこに座って一晩中演奏して歌っていました。


ジェファーソンは、彼の前にほとんどなかったことをしました – 彼は商業レコーディングの世界で成功したソロギタリストと男性ボーカリストになりました。

彼は音楽の慣習に固執せず、リフとリズムを変え、「シンプルなカントリーブルースシンガー」のために当時例外的な方法で複雑で表現力豊かな歌詞を歌った。

ジェファーソンは、アメリカ南部でしばらくの間、異常な量の旅行を行ったことが知られており、これは彼の音楽を単一の地域カテゴリに配置することの難しさに反映されています。

ジェファーソンの「昔ながらの」サウンドと自信に満ちた音楽性は、彼を売り込むのを容易にした。彼の巧みなギター演奏と印象的なボーカルレンジは、ファーリー・ルイス、チャーリー・パットン、バーベキュー・ボブなどの新世代の男性ソロブルースパフォーマーの扉を開きました。


1917年にダラスに移り住み、ここでまだ無名時代のレッドベリーに出会った[1]。彼がジェファーソンに感銘を受けたのは、のちに”Blind Lemon’s Blues”などの曲を歌っていることからも明らかである。

1925年、テキサスでデモ録音をする機会に恵まれ、それを機にシカゴのパラマウント・レコードで初のレコーディングをしている。とは言えその内容はブルースではなくゴスペルであり、名義もディーコンL.J.ベイツなる変名であった。

通常の会場で「発見」され、録音された多くのアーティストとは異なり、ジェファーソンは1925年12月または1926年1月にシカゴに連れて行かれ、最初のトラックを録音しました。珍しく、このセッションからの彼の最初の2つの録音は、ディーコンLという名前でリリースされたゴスペルソング(「I Want to Be Like Jesus in My Heart」と「All I Want Is That Pure Religion」)でした。J.ベイツ。1926年3月に2回目のレコーディングセッションが開催されました。

彼自身の名前「Booster Blues」と「Dry Southern Blues」での彼の最初のリリースはヒットでした。彼らの人気は、そのセッションの他の2曲「Got the Blues」と「Long Lonesome Blues」のリリースにつながり、6桁の売り上げで大成功を収めました。彼は1926年から1929年の間に約100トラックを録音しました。43枚のレコードが発行され、1つを除くすべてがパラマウントレコードに発行されました。パラマウントのスタジオのテクニックと品質は悪く、録音は音質が悪い状態でリリースされました。

1926年5月、パラマウントはマーシュ・ラボラトリーズの優れた施設でヒット曲「ゴット・ザ・ブルース」と「ロング・ロンサム・ブルース」を演奏するジェファーソンを再録音し、その後のリリースではこれらのバージョンを使用しました。どちらのバージョンもコンピレーションアルバムに表示されます


主にジェファーソンと彼の同時代のブラインド・ブレイクとマ・レイニーなどのアーティストの人気のために、パラマウントは1920年代にブルースのリーディングレコーディング会社になりました。

ジェファーソンの収入は、彼が車を購入し、運転手を雇うことを可能にしたと言われています(この情報は争われています)。

彼は、パラマウントの黒人コミュニティとのつながりであるメイヨー・ウィリアムズから「700ドル以上の価値がある」フォード車を与えられました。これは、その市場での録音権に対する一般的な補償でした。

ジェファーソンはロイヤリティに不満を抱いていたと言われています(ウィリアムズは、ジェファーソンが1500ドルもの銀行口座を持っていると言いましたが)。

1927年、ウィリアムズがオケ・レコードに移ったとき、彼はジェファーソンを連れて行き、オケはすぐに「ブラック・スネーク・モーン」に裏打ちされたジェファーソンの「マッチボックス・ブルース」を録音してリリースした。おそらくパラマウントとの契約上の義務のために、それは彼の唯一のオケ録音でした。

オケでリリースされたジェファーソンの2曲は、当時のパラマウントのレコードよりもかなり良い音質を持っています。数ヶ月後にパラマウントに戻ったとき、「マッチボックスブルース」はすでに大ヒットしていたので、パラマウントはプロデューサーのアーサー・レイブリーと一緒に2つの新しいバージョンを再録音し、リリースしました。

1927年、ジェファーソンは彼の古典的な曲のもう1つ、忘れられない「See That My Grave Is Kept Clean」を録音しました(再び仮名Deacon L.J.ベイツ)、そして他の2つの珍しくスピリチュアルな歌「He Arose from the Dead」と「Where Shall I Be」。「See That My Grave Is Kept Clean」は非常に成功したため、1928年に再録音され、再リリースされました。


しかし、順調にリリースを続け、キャリアを積んでいた矢先の1929年12月、シカゴで急逝する。


ジェファーソンは、複雑で速いスタイルのギター演奏と、特に甲高い声を持っていました。彼はテキサスブルースサウンドの創設者であり、リードベリーやライトニンホプキンスを含む他のブルースシンガーやギタリストに重要な影響を与えました。

彼は、古典的な「See That My Grave Is Kept Clean」を含む、後のミュージシャンによってカバーされた多くの曲の著者でした。彼の曲のもう1つ「マッチボックスブルース」は、30年以上後にビートルズによって、1955年の録音でジェファーソンをクレジットしなかったカール・パーキンスにクレジットされたロカビリーバージョンで録音されました。仲間のブルースアーティストB.B.キングは、ロニー・ジョンソン、ルイス・ジョーダン、Tボーン・ウォーカーに次いで、ジェファーソンを彼の最大の音楽的影響の1つとして挙げた。31]

ロックンロールの殿堂は、ジェファーソンの1927年の「マッチボックスブルース」の録音を、ロックンロールを形作った500曲の1つとして選びました。 ジェファーソンは、1980年にブルースの殿堂入りを果たしたブルースミュージシャンの就任クラスの一人でした。

カテゴリー: others

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です