グランドピアノへの野望

投稿者: きくずみん 投稿日:

この年齢なると、人生の目標みたいなものを失いがちだ。
定年を間近に控えれば、仕事に対する目標も失ってしまう。

やりがいのある仕事への挑戦ということもあるが、雇用という形ではもはややりがいは感じられないだろう。

とはいえ、個人事業主として責任とリスクを負ってまで仕事にやりがいを求めるほどではない。

日本国憲法では国民は健康で文化的な最低限の生活が保障された国。

趣味でも仕事でもいい、そんな恵まれた社会で、いかに自分のやりたいことができるのか。

これからは、それが人生の目標になると思う。

その一つが「野望」を持つこと。

一見、無理な野望でも長期的視野で計画を立て、やるべきことをキチンとやれば叶えられる。

そこが夢とは違うところ。

残りの人生短くても、どこまで近づけるか楽しみもできる。

健康維持、収入確保、訓練など野望に向かってやるべきことが多くある。

グランドピアノへの野望は、少なくとも長生きすることが最優先に思える。

そして、野望達成に邪魔なこと。無駄なことには時間を使わないこと。

なんのために?、なぜ?、という疑問の答えは全て野望の達成のためという答えにすることだ。

カテゴリー: othersPIANO